水曜随想 「暴言 九州の自民ばかり」 衆議院議員 真島省三

  • 2017.04.26 Wednesday
  • 23:59

 衆議院の大島理森(ただもり)議長は、憲政記念館の日本国憲法施行70周年記念あいさつで、次のように述べた。

 

 「我が国は、戦後間もなく満目蕭条(まんもくしょうじょう)たる焼け野原の中でこの憲法を制定し、民主主義国家としての歩みを始めました。以来、国民の懸命の努力により、『東洋の奇跡』とまで弥されるような驚異的な復興と発展を成し遂げてまいりました。振り返ってみれば、今日の平和と繁栄の礎にはこの憲法があったことは疑いようもありません」

 

 ところが、安倍首相は「戦後70年の平和は日米同盟と米国の『核の傘』のおかげ」と公言し、集団的自衛権行使容認閣議決定、安保法制強行、そしてトランプ大統領の先生攻撃含む「選択肢」を支持し、唯一の戦争被爆国でありながら核兵器禁止条約締結に反対。「教育勅語」の教材使用可の閣議決定をし、監視社会化、国民抑圧の共謀罪法案など、戦争する国づくりをすすめている。

 

 森友疑惑で首相は、「私や妻が関わっていたら総理も議員もやめます」と開き直ったので後に引けない。高級官僚は「政治的な配慮から資料は出せない」と、与党は昭恵氏の証人喚問を断固拒否し、野党の質問封じまで。

 

 稲田防衛大臣は「籠池氏には会ったこともない」というウソが通らなくなると、「記憶」がなくなる都合のいい脳。隠していた南スーダンPKOの「日報」に「戦闘」の記述があっても、「戦闘と言ったら憲法違反になるから衝突だ」と言い放つ。金田法務大臣は、官僚メモの棒読みで自分の言葉で答弁できない。

 

 「自主避難は自己責任」の今村復興大臣(比例九州)、「学芸員はがん」の山本地方創生大臣(福岡10区)、「般若心経」の谷川衆院議員(長崎3区)と、何で九州の自民議員ばっかり? 何しろボスが猖集晴Ν疔秬限析塞総理(福岡8区)だ。

 

 衆院九州・沖縄比例区(定数21)は自民8、公明4、維新3。比例区で党議席を伸ばし、小選挙区は野党と市民の本気の共闘で自民党を倒す!(しんぶん赤旗 2017年4月26日)

工事着手抗議 新基地建設中止・撤回を 衆院安保委で赤嶺氏が主張

  • 2017.04.25 Tuesday
  • 23:59

 

 日本共産党の赤嶺政賢議員は4月25日の衆院安全保障委員会で、同日午前に沖縄防衛局が県民多数の反対を押し切り、名護市辺野古への米軍新基地建設の本格的な海上工事に着手したことについて、「断じて容認できない」と抗議し、「新基地建設はただちに中止・撤回し、普天間基地を閉鎖・撤去せよ」と求めました。

(質問動画はコチラ

 

 赤嶺氏は、地元紙の同日付世論調査でも、新基地建設「反対」が61%と「賛成」の23%を大幅に上回っていることを紹介。本格的な埋め立て工事を始めようとする安倍政権の姿勢を「妥当でない」は65%(「妥当だ」23%)に達していると強調しました。

稲田朋美防衛相は「準備が整ったので護岸工事を開始した」と強弁。「反対意見が多いことは承知しているが、工事を進める」と言明しました。

 

 赤嶺氏は、沖縄における米軍基地の形成過程や沖縄の本土復帰の原点にふれ、「米軍基地の縮小撤去に取り組むべきであり、辺野古の新基地建設は直ちに中止・撤回し、普天間基地は閉鎖・撤去を強く求めたい」と主張しました。(しんぶん赤旗 2017年4月26日)

開門判決すでに確定 福岡高裁履行義務ただす 紙、仁比参院議員

  • 2017.04.25 Tuesday
  • 23:58

 日本共産党の紙智子議員は4月25日の参院農水委員会で、長崎地裁が出した国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防排水門の開門差し止め判決を山本有二農林水産相が受け入れ、控訴しない姿勢を示したことに対し、強く抗議しました。

 

 紙氏は、国に開門を命じた福岡高裁判決がすでに確定しており、国は判決の履行義務を負っていることを確認。長崎地裁でも国は部分的な開門なら農業被害は防げると主張していたことをあげ、「国が控訴権を放棄するようなことがあれば、漁業者の不信感、現地での混乱はますます大きくなるばかりだ」とただしました。

 

 山本農水相は「(福岡高裁が下した開門義務を国は)負っている」としながらも、「現実に開門することは著しく困難になってきた」などと主張しました。

 

 紙氏は、長崎地裁で進んでいた和解協議を決裂させたのは、農水省が開門しないことを前提にした「想定問答集」を作成して説得工作を行い、不信と混乱を招いたからだと指摘。「国がやるべきことは、部分的な開門なら農業被害は防げるとしてきた主張を具体化し、和解協議の場をきちんとつくることだ」と強調しました。

 

国は責任果たせ 仁比氏

 

 仁比聡平議員も、同日の参院法務委員会で、「差し止め判決を確定させたら問題の解決が極めて困難な事態になる。控訴し、しっかりと農漁共存でどうやって有明海を再生するのか、高等裁判所での和解の場を国がリードしてつくることも含めて国が責任を果たすべきだ」と迫りました。

ノーモア・ミナマタ すべての被害者救済を 熊本地裁で第20回口頭弁論

  • 2017.04.24 Monday
  • 23:59

 すべての水俣病被害者の救済をと、原告1312人が、国、熊本県、加害企業チッソを相手に損害賠償などを求めてたたかう「ノーモア・ミナマタ第2次訴訟」の第20回口頭弁論が4月24日、熊本地裁(遠藤浩太郎裁判長)で行われました。

 

 弁論で原告側弁護団の村上雅人弁護士は、水俣湾周辺地域の被害者の汚染された魚介類の1956年から60年にかけての多食歴を否定した被告側の準備書面について、「証拠に基づかない主張をしている」として、当時の報道資料などの証拠を提出し反論しました。

 

 弁論後の報告集会で原告側弁護団の園田昭人団長は裁判の進行について、「(原告、被告双方の)主張の整理を急ピッチに行う段階だ」と紹介しました。

 

 集会には、日本共産党熊本県委員会の松岡勝書記長(衆院九州・沖縄ブロック比例候補)と、社民党県連合の今泉克己幹事長、県労連の重松淳平事務局長らが駆けつけ、連帯あいさつしました。(しんぶん赤旗 2017年4月26日)

「復興へ力を」「野党共闘前進・党躍進で政治の流れ変えよう」 松岡比例予定候補訴え

  • 2017.04.23 Sunday
  • 23:59

 

 日本共産党の松岡勝衆院比例予定候補は4月22日、福岡市の博多区と東区を駆け巡り、立川孝彦福岡1区予定候補とともに「市民と野党の共闘での小選挙区勝利、日本共産党の比例での躍進で政治の流れを変えよう」と訴えました。

 

 松岡氏は、17年間勤務した千鳥橋病院の後援会のつどいであいさつ。熊本地震で国や県の復興は大型開発中心で生活再建がなされていないと指摘し、「どうしても熊本から日本共産党の国会議員を出したい。全力で頑張る」と語りました。

 

 職員らは「被災地に1週間行き、生活再建の困難さを感じた。ぜひ当選して本当の意味での復興を進めて」「田村貴昭、真島省三両候補をはじめ小選挙区で勝つくらいにならないと松岡さんを通せない。福岡でも頑張ろう」と激励や決意をのべました。

 

 この日松岡氏と立川予定候補は、県党後援会世話人会や博多駅前などで訴え。商業施設前の街頭演説に聞き入っていた女性さん(92)は、「いま若い人たちが出てきて政治に自分の意見を言うようになり、長生きして良かったと思う。衆院選で頑張りたい」と話しました。

 

熊本でつどい・懇談会

 

 23日は、熊本県内各地で開かれた「つどい」や党後援会の懇談会に参加しました。

 

 甲佐町の「つどい」には50人が参加しました。松岡予定候補は、熊本地震からの復旧・復興について、県が向き合うべきは空港整備や住民が望まない道路の拡張ではないと指摘。「県の姿勢を、被災者の生活・生業(なりわい)再建に向けさせるよう力を合わせよう」と呼びかけました。

 

 佐野安春町議は町政報告で、液状化被害を受けた団地の再建は、全額公費で行うよう求めたいと話しました。

 

 参加した応急仮設団地入居者の75歳の男性は、「仮設入居者のほとんどが、住み慣れた地域での自宅の再建を望んでいるが、資金の支援がなければ、高齢者はあきらめてしまうことになる」と語りました。

 

 松岡予定候補は、御船町で党益城後援会(益城町)の「わらび狩り」に合流し、あいさつ。また甲佐町の地震被害を受けた橋の再建現場を視察しました。(しんぶん赤旗 2017年4月25日)

モラル崩壊の安倍政権 一日も早く打倒しよう 田村氏の訴えに声援 大分

  • 2017.04.23 Sunday
  • 23:59

 

 総選挙での野党共闘の前進と日本共産党の躍進を訴えて田村貴昭衆院議員は4月23日に大分市で、ひろつぐ忠彦衆院大分1区予定候補とともに街頭演説しました。集まった聴衆や行き交う車から「がんばれ!」と声援が送られました。

 

 田村氏は、後半国会の最大の焦点は「共謀罪」法案だとのべ、「戦争する国づくりをめざして国民を監視し、抗議活動などを萎縮させるのが狙いだ」と批判しました。「森友」疑惑をめぐる国会論戦や繰り返される閣僚らの暴言を示し、「憲法をないがしろに平和、暮らしの破壊とモラル崩壊が一体となって暴走している」と指摘。「ひどい安倍政治は市民と野党が力あわせて追い詰めて、一日も早く打倒しよう」と力を込めました。

 

 ひろつぐ予定候補も「憲法が生きる政治が求められている」と訴えました。

 

 演説を聞いた女性(72)は「トランプ大統領言いなりの安倍首相が怖い。野党が力をあわせるときです」と話しました。(しんぶん赤旗 2017年4月25日)

総選挙で比例3議席以上、小選挙区で勝利を必ず 後援会総会で真島衆院議員 北九州

  • 2017.04.22 Saturday
  • 23:59

 

 北九州市の八幡西区日本共産党後援会は4月22日、約50人が参加して同区で総会を開きました。真島省三衆院議員があいさつしました。

 

 真島議員は、「森友学園」問題や「共謀罪」法案などの審議を通して、安倍政権・与党が総がかりで野党の質問封じに躍起になってきていると批判。「今度の総選挙で、日本共産党比例代表の九州・沖縄ブロックで3人以上の議席を取っていくとともに、必勝区である私(福岡9区)と田村貴昭衆院議員(同10区)での勝利が絶対必要」と語りました。

 

 瀬川康之後援会長は、次期総選挙の勝利と八幡西区での県議空白の克服、同区の市議選で3人目の議席獲得を展望し、区の中心街・黒崎地域での後援会組織を発足させる決意を語りました。総会は、会長に瀬川氏を再任しました。(しんぶん赤旗 2017年4月25日)

 

仁比参院議員迎え「語る会」 大分・別府

  • 2017.04.22 Saturday
  • 23:58

 

 大分県の日本共産党北部地区委員会は4月22日、仁比聡平参院議員を迎えて「党を語る会」を別府市で開きました。会場いっぱいの参加者に仁比氏は「野党共闘の前進と日本共産党の躍進で安倍政権を打ち倒し政治を変えよう」と呼びかけました。

 

 仁比氏は国会審議が始まった「共謀罪」について、「憲法を根っこから変える大暴走」だと批判。安倍政権の5年間に繰り返された社会保障切り捨て、格差と貧困の拡大の大本に米国追随と大企業、富裕層応援の政治があると指摘しました。

 

 会場からの質問にていねいに答えるなかで仁比氏は、野党連合政権など党綱領の展望にふれ、「共産党を大きくすることが政治を変える一番の力になる。力を合わせて新しい時代を切り開こう」と入党を呼びかけました。

 

 初めて参加した男性(72)は「安倍首相はじめ閣僚の数のおごりに怒っている。いつも国民に寄り添う共産党に希望を感じた」と期待を寄せました。(しんぶん赤旗 2017年4月25日)

暴走政権対決の議席を 鹿児島の各地で松岡衆院比例予定候補が訴え

  • 2017.04.22 Saturday
  • 13:01

 

 日本共産党の衆院九州・沖縄比例ブロックの松岡勝予定候補は4月19、20の両日、鹿児島県鹿屋(かのや)市、鹿児島市で開かれたつどいや街頭で、審議入りが強行された「共謀罪」法案の廃案を訴えました。

 

 松岡氏は、鹿屋市でオスプレイも参加して実施される米軍空中給油機KC130の訓練受け入れが予定される、海上自衛隊鹿屋航空基地を視察(19日)。菊永てつひこ衆院5区候補、柴立俊明市議とともに「つどい」に参加し、党支部のメンバーとともに街頭でマイクを握りました。

 

 松岡氏は「安倍政権の矛盾が集中する九州・沖縄から、暴走政権と正面から対決する議席を」と呼びかげました。

柴立市議は「沖縄の基地負担軽減と言いながら行われているのは米軍基地の増強。廃屋への受け入れ容認を白紙撤回するためにも、野党共闘の前進と日本共産党の躍進を」と呼びかげました。

 

 つどいに参加した女性(63)は「日本全国の軍事基地拡大をやめさせ、国際紛争を平和的に解決するようアメリカに追及できる政府へ転換させるために日本共産党に強く大きくなってほしい」と語りました。

 

 鹿児島市では20日に労組や民主団体など10団体を訪問し懇談。各団体から「最低賃金の引き上げのために力を合わせたい」「川内原発の稼働ストップのために頑張ってほしい」などの期待が語られました。

 

 山口ひろのぶ衆院1区候補とともに三和町で開かれたつどいに出席し、県庁前で街頭演説しました。(しんぶん赤旗 2017年4月22日)

日米の責任で原因究明を 銃弾とみられる物発見で 赤嶺議員

  • 2017.04.21 Friday
  • 23:59

 

 日本共産党の赤嶺政賢議員は4月21日の衆院安全保障委員会で、沖縄県恩納村の米軍キャンプ・ハンセン内の安富祖(あふそ)ダム工事現場で6、13の両日、米軍の銃弾とみられる物が見つかったことについて、日米両政府の責任による原因の究明と再発防止を求めました。

 

 赤嶺氏は、銃弾とみられるものは、工事現場の水タンク内や、止めてあった従業員の車付近で発見されたと指摘。「人命にかかわる重大な問題だ」と強調しました。

 

 稲田朋美防衛相は「深刻に受け止めなければならない」と述べ、21日に沖縄防衛局の職員を現場に派遣し、沖縄県と恩納村の担当者とともに現場に立ち入り、状況を確認することを明らかにしました。また、「詳細な情報が得られ次第速やかに関係自治体に説明する」と答弁しました。

 

 赤嶺氏は、2008年に金武(きん)町伊芸区の駐車場でナンバープレートに銃弾が刺さった車が発見された事件は、原因も責任もうやむやにされたと指摘。日米両政府の責任で原因を究明し、「基地内の射撃場の閉鎖も含めて、二度と被害が繰り返されないようにすべきだ」と訴えました。

 

 赤嶺氏は米軍ヘリのつり下げ訓練が県内各地でくり返し目撃されていると指摘。米軍に対し「安全面に最大限の配慮を求める」と繰り返す政府に「県民の生活の場での訓練をただちに中止するよう求めるべきだ」と要求しました。(しんぶん赤旗 2017年4月24日)

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM