地方選での党躍進で 憲法生きる時代つくる 仁比議員を迎え演説会 熊本

  • 2019.01.20 Sunday
  • 23:59

 

 日本共産党の仁比そうへい参院議員を迎えた演説会が1月20日、熊本県の人吉、八代の両市で開かれました。仁比氏は統一地方選での党躍進で参院選に向けた大きな勢いをつくり、安倍政権を退陣させて憲法が生きる新しい時代を切り開こうと訴えました。

 

 仁比氏は、憲法改悪や沖縄の辺野古米軍新基地建設、軍事費の拡大などの「戦争する国」づくり、消費税10%増税に強権を振りか
ざす安倍政権に連続する選挙で「きっぱりノーの審判を突き付けよう」と呼びかけました。相次ぐ自然災害では、被災者生活再建支援法など抜本的拡充が求められるなか熊本地震被災者に自己責任を強いる安倍政権に、「断固立ち向かい、誤りをただして民主主義を取り戻したい」と訴えました。

 

 

 人吉で統一地方選をたたかう、本村令斗、塩見寿子の両市議、多良木町の久保田武治町議がそれぞれ訴え。八代では橋本徳一郎市議が市政報告しました。

 

 演説を聞いた参加者は「いいぞ」「そうだ」などと応援しました。

 

 参加した女性は「仁比さんとは川辺川ダムの運動でともにたたかい、ずっと応援しています」と話しました。

 

 仁比氏とともに水俣病問題に取り組む弁護士の阿部広美氏がメッセージを寄せました。(しんぶん赤旗 2019年1月22日)

安倍暴走政治 憲法改悪阻止しよう 通常国会むけ400人集会 鹿児島 

  • 2019.01.19 Saturday
  • 23:59

 

 市民団体「憲法壊すな・戦争法廃止!かごしまの会」は1月19日、今月28日から開会される通常国会を前に、安倍改憲案の提示を阻止しようと、県民集会を開きました。

 

 鹿児島市の鹿児島中央駅東口広場に400人が集まり、「憲法壊すな」「安倍やめろ」のメッセージカードを掲げました。

飯田泰雄共同代表は「3000万人署名を達成し、市民と立憲野党の共闘で、安倍政権を倒して9条改憲を葬り去ろう」と呼びかけました。

 

 日本共産党の仁比聡平参院議員、立憲民主党の枝野幸男代表、川内博史衆院議員も駆けつけました。

 

(動画はコチラ)

 仁比氏は「鹿児島で市民と野党の本気の共闘を何としても実らせて、安倍政治を終わらせよう」と訴えました。

 

 枝野氏は「憲法改悪に従う議員の構成を阻止するために、鹿児島を含めた1人区で『安倍やめろ』という勢力が1人区に集中できる選挙の構図を必ずつくろう」と訴えました。

 

 社民党県連合の北森孝男代表も連帯あいさつし、国民民主党県連の藤田太一代表が連帯のメッセージを寄せました。

 

 市外から参加した女性(63)は「安倍政権を倒すには野党が力を合わせるしかないと再確認した。野党統一候補が実現するよう、いろんな人と語っていきたい」と語りました。

 

 集会後、参加者は繁華街約2キロをパレードし、「憲法審査会の強行開催は許さないぞ」「馬毛島を軍事利用するな」とシュプレヒコールを上げました。(しんぶん赤旗 2019年1月20日)

カあわせ政治変える 真島氏が宮崎市で訴え

  • 2019.01.18 Friday
  • 23:59

 

 

 日本共産党の真島省三前衆院議員は1月18日、宮崎市内で開かれた集いや街頭で訴え、統一地方選、参院選で安倍政権退場の審判を下そうと呼びかけました。立ち止まり話を聞く人や手を振って激励する人がいました。

 

 真島氏は山形屋前で、消費税10%増税や大軍拡を厳しく批判。「統一地方選、参院選は『安倍政治はもうゴメンだ』という審判を下す絶好のチャンス。沖縄のように政党や立場の違いを超えて力をあわせ、政治を変えていこう。前屋敷えみ県議と3人の市議団を実現し、安倍政治ノーの審判を宮崎から下そう」と訴えました。

 

 前屋敷えみ県議は「誰もが安心して働き、暮らせる政治、一人ひとりの尊厳が尊重される政治を追求して国政でも地方でも頑張ります。暮らしの願い、平和の願いを共産党に大きく託してください」と述べました。(しんぶん赤旗 2019年1月22日)

2000億円道路やめよ 北九州市議補選 うど候補第一声

  • 2019.01.18 Friday
  • 23:59

 

 北九州市議補選(小倉北区、定数1)が1月18日告示され、日本共産党・うど浩一郎候補が第一声をあげました。仁比そうへい参院議員と田村貴昭衆院議員が応援しました。

 

 うど候補は、2000億円の下関・北九州道路計画を進める北橋市政と自民、公明などの市政与党を批判。国保料引き下げや子ども医療費無料化、中小企業・商店街支援の願いを日本共産党に託してと訴え、「無駄な大型事業を見直し、税金は市民のために使う当たり前の市政を実現するために全力を尽くす」と強調しました。

 

 

 仁比氏は「市の人口減少や経済の疲弊は、大企業優遇を力ずくで進めてきた安倍政治の結果だ。賃金も年金も減らされるなか、消費税の増税など絶対にあり得ない。みんなの怒りを、うど候補への一票一票に実らせていこう」と訴えました。

 

 同区選出市議の経験がある田村氏は「他の候補は巨大開発を推進する方々ばかり。歴代の党市議は誰よりも無駄遣い市政をただし、市民の相談にのって苦難解決のために頑張ってきた。34年間の小倉北区、党の複数議席の流れを続けさせよう」と語りました。

 

 

 同じ27日投票の市長選をたたかう、ながた浩一市長候補が連帯あいさつ。大石正信県議候補が訴えました。(しんぶん赤旗 2019年1月19日)

辺野古埋め立て 赤土混入 未調査認める/沖縄 野党ヒアリングに防衛省側 国会外で初開催

  • 2019.01.16 Wednesday
  • 23:59

 

 日本共産党、立憲民主党、国民民主党、自由党、参院会派「沖縄の風」、無所属の4野党2会派の議員らは1月16日、沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設をめぐる問題で防衛省と沖縄防衛局に対する合同ヒアリングを那覇市内で行いました。野党合同ヒアリングが国会外で行われるのは初めて。(関連記事)

 

 沖縄防衛局が昨年12月14日から埋め立て予定区域に土砂を投入して以降、区域内の青い海が濁り始めており、土砂に赤土が混入している疑いが強まっています。国民民主党の原口一博衆院議員は「赤土が海に流れれば多様な生物が死んでしまう」と指摘しました。

 

 沖縄県は同局に対し、赤土等流出防止に基づく事業行為届け出が必要として作業の一時停止や、立ち入り検査に応じるよう行政指導をしています。野党側は「県に調査させるべきだ」と迫りました。防衛局は「精査検討している」と述べるにとどまりました。

 

 防衛省側は埋め立て土砂の中に赤土が混じっている可能性について「赤土なるものの定義が何かということもある」などと回答を避け、赤土の混入可能性を調査していないことを事実上認めました。

 

 県の試算で約13年かかると言われる辺野古新基地建設の完成時期や費用について、防衛省側は「今後必要となる経費は日米間で調整する。見込み額を申し上げるのは控える」と発言。日本共産党の赤嶺政賢衆院議員は「完成の時期も規模も分からない中で、『辺野古が普天間問題の唯一の解決の道』だと言うのは破綻している」と批判。立民の初鹿明博衆院議員は「辺野古にこだわればこだわるほど、普天間(問題)がどんどん長期化する」と同調しました。

 

 

 野党議員らはヒアリングに先立ち、辺野古の工事現場や土砂の搬出が行われている琉球セメントの桟橋(名護市)などを視察しました。(しんぶん赤旗 2019年1月17日)

“新基地つくらせぬ” 野党議員 知事と懇談 沖縄県 新たな承認撤回も

  • 2019.01.16 Wednesday
  • 23:59

 

 日本共産党、立憲民主党、国民民主党、自由党、参院会派「沖縄の風」、無所属の4野党2会派の議員らが1月16日、沖縄県庁を訪れ、玉城デニー県知事、謝花喜一郎県副知事と面会しました。日本共産党から赤嶺政賢衆院議員、仁比聡平参院議員が参加しました。関連記事

 

 デニー知事は、昨年から政府が強行している名護市辺野古の米軍新基地建設に伴う土砂投入に関し「国が立ち入りの調査も許可せず、違法な状態を続けていることで県民の怒りも日々広がっている」と批判。野党議員らと「『辺野古新基地を造らせない』という多くの県民の思いとつながるように努力していく」と表明しました。

 

 謝花副知事は、埋め立て土砂の成分に関する防衛局の説明に疑義があるとして、「これを事後に生じた理由として、(新たな)埋め立て承認撤回も考えられる」との考えを表明しました。

 

 仁比氏は、面会前に辺野古の埋め立て現場などを視察したことにふれ「目の前でサンゴが埋められていく。こんなむごい姿はない。違法が繰り返されて『無法』になっている」と指摘。国民の原口一博衆院議員は「違法と正義とのたたかいだ。辺野古の海がどれだけひどい状況で、うそに塗り固められて壊されつつあるか広く国民に知らせないといけない」と強調しました。自由党の森ゆうこ参院議員も「国家権力の暴走に対し、私たちも一緒にたたかう」と表明しました。(しんぶん赤旗 2019年1月17日)

福岡・筑前町議選告示 かわち候補が第一声

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 23:59

 福岡県筑前町議選(定数14、2減、立候補17人)が1月15日告示(20日投票)され、日本共産党の、かわち直子氏(66)=現=が第一声を上げました。

 

 かわち候補は、▽国保、介護保険料の負担軽減▽下水道料金の3歳未満児無料化▽中学卒業までの子ども医療費助成▽学校給食無料化▽住宅リフォーム制度拡充――などを公約しています。

 

 田村貴昭衆院議員が応援に駆け付けました。(しんぶん赤旗 2019年1月16日)

連続選挙へダッシュ 九州沖縄各地でいっせい宣伝

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 23:59

 

 連続選挙の勝利に向け、1月からダッシュしようと九州・沖縄8県の日本共産党は1月15日を中心に、各地で「第10回九州・沖縄いっせい宣伝行動」を取り組みました。

 

 北九州市門司区では、日本共産党の田村貴昭衆院議員を先頭に朝宣伝をしました。高橋都市議らとともに、日本共産党が推薦する、ながた浩一市長候補の政策と安倍政権打倒をメガホンで訴えました。

 

 田村氏は、2000億円の下関北九州道路建設計画の無駄遣いを止めて暮らし、福祉充実の市政をつくろうと呼びかけ。安倍政権の進める異常な軍拡や憲法改悪を批判し、暴走政治にはっきり声をあげる市長が必要と強調。「市長選で安倍政治に厳しい審判を下しましょう」と力を込めました。

 

 宣伝に参加した女性(70)は「市長選パンフをみんなで読むと、『戦闘機を100機もなぜ買うの』『私学助成はぜひやって』『薬代が大変。無料低額診療を拡充してほしい』と声が上がる。精いっぱい呼びかけを広げたい」と語りました。

 

 

安心安全の街でこそ 長崎・佐世保

 

 

 日本共産党長崎県北部地区委員会は、佐世保市役所前で真島省三前衆院議員が、安江あや子県議予定候補、小田のりあき市議予定候補とともに訴えました。

 

 真島氏は佐世保市では一昨年、過去2番目の観光客数になったことを紹介。「そんな佐世保にギャンブル依存症を広げるカジノは必要でしょうか。平和で安心安全の街にしてこそ観光産業は発展していきます」と訴えました。

 

 安江予定候補は「佐世保市の水は足りているにもかかわらず、地元住民の家や土地を取り上げ、強行する石木ダムを何としてもやめさせたい」と訴え、佐世保民主商工会で働いていた小田予定候補は「佐世保市の経済を支えているのは中小業者です。業者切り捨ての政策ではなく、その発展のために力を尽くしたい」と決意を語りました。(しんぶん赤旗 2019年1月16日)

川内原発止めよう 仁比議員迎え、たいら県議予定候補事務所開き 鹿児島

  • 2019.01.14 Monday
  • 23:59

 

 鹿児島県議選(鹿児島市・郡区)で、現職・まつざき真琴県議(参院選挙区予定候補)の議席を引き継ぐ、たいらゆきお県議予定候補の事務所開きが1月14日に市内でありました。

 

 仁比そうへい参院議員が応援に駆けつけ、150人の後援会員や支援者とともに必勝を誓いあいました。

 

 仁比氏は原発ゼロを実現し、改憲、消費税増税、郷土の軍事基地化を止めるためにも「県議選でのたいら氏の勝利が政治を変える力になる」と訴え。たいら候補は、三反園訓県知事と結んだ脱原発の政策合意に基づき「県議会で川内原発を止めて廃炉をと追及したい」と力を込めました。

 

 地元住民や市民団体「反原発かごしまネット」、後援会員などから激励のあいさつがありました。

 

 仁比・まつざき両氏は、阿久根市で空白克服に挑戦する川畑ふたみ市議予定候補の事務所開きにも出席して支援を
訴えました。(しんぶん赤旗 2019年1月19日)

石木ダムやめさせて 安江県議予定候補必勝へ大行動 長崎

  • 2019.01.14 Monday
  • 23:59

 

 日本共産党長崎県委員会は1月14日、4月の県議選で佐世保・北松浦郡区から初の議席獲得に挑む安江あや子予定候補(42)=新=の必勝をめざし「押し上げ大行動」に取り組みました。

 

 県内各地区委員会から参加し、132ヵ所で街頭宣伝しました。演説を聞いて「がんばって」と拍手する店主や、「石木ダムやめさせて」「カジノは絶対反対」と要望する人など、多くの激励や反響がありました。

 

 午後からは真島省三前衆院議員も駆けつけ、岩永千秋・参院長崎選挙区予定候補、安江予定候補、小田のりあき市議予定候補がそろって街頭から訴えました。

 

 真島氏は「統一地方選、参院選は安倍政権を倒すこの上ないチャンス。本気の野党共闘をつくって安倍政権にサヨナラをするために日本共産党の躍進を」と呼びかけました。安江予定候補は「石木ダム、カジノは何としても中
止を」と訴えました。

 

 この日は、無党派で元長崎大学教授の男性(72)も初めて参加。石木ダム建設反対の運動に熱心に取り組む男性は「安江さんが石木ダム建設反対の公約を掲げ立候補されたことに感激した。今後ももっと安江さんを応援したい」と語りました。(しんぶん赤旗 2019年1月16日)

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM