新基地断念までたたかう 沖縄県民大会に1万人超

  • 2019.03.16 Saturday
  • 23:59

 

 「土砂投入を許さない!ジュゴン・サンゴを守り、辺野古新基地建設断念を求める3・16県民大会」が3月16日、那覇市内で開かれ、1万人超が参加しました。参加者は、先月の県民投票で示された圧倒的民意を尊重し、同県名護市辺野古米軍新基地建設の埋め立てなどの工事の即時中止と、米軍普天間基地(同県宜野湾市)の即時運用停止などを求める決議を採択しました。

(関連記事1) (関連記事2)

 


 

 新基地建設を強行する安倍政権は、25日にも新たな区域への埋め立て土砂の投入を狙っています。

 

 主催団体「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」の稲嶺進共同代表(前名護市長)は、新基地建設の工事には莫大(ばくだい)な税金と最短で13年かかることを指摘。「(工事の間は)普天間基地は動かないということは、この新基地建設そのものが間違い」だと批判し、「白紙撤回させるため、力合わせて頑張りましょう」と訴えました。

 

 出張で出席できなかった玉城デニー知事から「県民の民意・思いを何よりも尊重し、日米両政府が辺野古新基地建設を断念するまで、揺らぐことなくたたかいつづけます」とのメッセージが寄せられました。

 

 総がかり行動実行委員会の福山真劫共同代表が連帯あいさつを行い、安倍政権打倒の決意を表明。日本自然保護協会の安部真理子さん(沖縄リーフチェック研究会会長)もメッセージで「沖縄の大切な財産であるサンゴ礁の海を守るために、直ちにこの(新基地建設)計画は中止されるべき」だと訴えました。

 

 参加者は、「土砂投入をやめろ!」「民意は示された!」とのメッセージボードを高々と掲げました。

 

 日本共産党の赤嶺政賢衆院議員など各政党の国会議員・県議らも参加しました。(しんぶん赤旗 2019年3月17日)

防疫は政府の責任 豚コレラ問題 田村貴昭衆院議員ただす 農水委

  • 2019.03.14 Thursday
  • 23:59

 

 日本共産党の田村貴昭議員は3月14日の衆院農林水産委員会で、豚コレラ感染の責任をもっぱら農家の衛生管理に押し付けている政府を批判し、防疫体制強化を強く要求しました。(質問動画はコチラ)

 

 田村氏は、ウイルスを持ち込ませないことが政府の第一義的な責務だとし、防疫官や探知犬の体制が追いつかないもとでウイルスが侵入したと指摘。吉川貴盛農水相は「防疫体制は強化する」としながら、政府の責任については答えず、「検疫のみでは100%防ぐことは非常に難しい」と開き直りました。

 

 田村氏は「大多数の農家が基準を守って衛生管理をしていることは、国も立ち入り検査をして認めている。指導を受けた農家も努力して対策を講じている」と指摘。小里泰弘農水副大臣が「(飼養衛生管理基準を)守っていれば、ここまでの感染拡大はなかった」と発言したことに対し、「(感染原因の)すべてを“管理基準を守っていない”からだと一くくりにしてはダメだ」と批判。飼養衛生管理基準の順守は大事だが、守っていてもウイルスが入ってしまっている実態があると述べ、感染原因を特定する必要があると強調しました。

 

 また、国際郵便物についても、「探知犬(の配備)は川崎東郵便局と一部の空港での体制にとどまっているが、多くの空港や港の郵便物はノーチェックだ。膨大な国際宅配物にも探知犬はいまだ充てられていない」と述べ、不十分な防疫体制の実態を告発しました。(しんぶん赤旗 2019年2019年3月15日)

石炭・プラ熱発電は中止を 田村貴昭議員が主張 衆院環境委

  • 2019.03.12 Tuesday
  • 23:59

 

 田村貴昭議員は3月12日の衆院環境委員会で、世界の脱炭素化に逆行し、石炭火力やプラスチックごみ焼却熱による発電などを「有効利用」だとする環境省の姿勢を厳しく批判しました。

(質問動画はコチラ)

 

 国内では、50基にのぼる石炭火力発電所新増設計画のうち11基が中止または燃料種の転換を余儀なくされています。田村氏は、一例として千葉県袖ケ浦の石炭火発計画中止の理由をただすと、小沢典明資源エネルギー庁政策統括調整官は「事業性が見込めない」と判断したと述べました。

 

 田村氏は、省エネの定着により電力需要が大幅に減少し、再エネの普及で今後も需要増に転じる見通しはなく、石炭火力は原発同様、「ビジネスとして成り立たなくなってきた」として、石炭火力新増設は認めるべきではないと主張。原田義昭環境相は「今後もアセスメントの評価等では従来以上に厳しく審査」するとしつつも、政府内の調整は必要だとの姿勢を示しました。(しんぶん赤旗 2019年3月18日)

実習生失踪“氷山の一角” 仁比議員が明らかに 参院法務委

  • 2019.03.12 Tuesday
  • 23:59

 

 4月の外国人労働者受け入れ拡大で新設される在留資格「特定技能1号」の大半が、外国人技能実習生からの移行です。違法な高額手数料の実態も明らかにせずに拡大しようとしていることが、3月12日の参院法務委員会での仁比聡平議員の追及で明らかになりました。

(質問動画はコチラ)

 

 仁比氏は、改定出入国管理法をめぐり、失踪(しっそう)実習生の聴き取り調査で「賃金等への不満から、より高い賃金を求めて失踪した者が87%」などとデータをねつ造し、山下貴司法相が“一部の不心得者”の失踪のような認識を示してきたと指摘。野党議員が転記した聴取票からも、最低賃金違反が約7割に上り、過労死ライン超の労働実態も明らかになり、失踪者は“氷山の一角だ”として指摘しました。

 

 さらに、山下法相が昨年11月に「徹底した反面(裏付け)調査」を指示してから4カ月もたつが、法務省の調査結果公表は「3月末まで」だと批判。ベトナム側送り出し機関が法定上限の3600ドル(約40万円)を上回る手数料を取っている実態を調査したか追及すると、佐々木聖子入国管理局長は、未調査だと認めました。

 

 仁比氏は「そんな調査では実習生を縛り付けてきた構造を明らかにできない」「4月実施は認められない」と厳しく批判しました。(しんぶん赤旗 2019年3月18日)

九州沖縄いっせい宣伝 防災整備訴え 田村・たかせ氏 福岡

  • 2019.03.11 Monday
  • 23:59

 

 九州・沖縄8県の日本共産党のいっせい宣伝行動が3月11日、取り組まれ、田村貴昭衆院議員が北九州市小倉南区で現職のたかせ菜穂子県議予定候補とともに朝宣伝をしました。

 

 東日本大震災から8年にあたる節目の日。田村氏は被災者の生活、生業(なりわい)再建が進んでいないとして被災者生活再建支援法の抜本拡充をと語りました。脱原発の世論、市民の集会を紹介して原発再稼働をすすめる安倍政権を批判。消費税増税阻止などでの市民と野党の共闘を訴え、「共闘を広げる日本共産党を伸ばし、統一地方選、参院選で暴走安倍政権に審判を下そうではありませんか」と呼びかけました。

 

 たかせ予定候補は、巨大ダム開発の一方、崖崩れ対策や河川整備を先送りしてきた小川県政を批判。自身の東北、熊本支援や九州北部豪雨、西日本豪雨の調査活動をのべ、「国民の苦難軽減に力を尽くしてきた日本共産党議員、候補を議会に送り、県民の安全、安心を実現する県政に変えていきましょう」と訴えました。

 

 

 真島省三前衆院議員は、福岡市のJR博多駅前で、かわの祥子参院選挙区予定候補と朝宣伝しました。(しんぶん赤旗 2019年3月12日)

裁判所 抜本増員こそ 藤野・仁比両議員に全司法

  • 2019.03.11 Monday
  • 23:55

 

 日本共産党の藤野保史衆院議員、仁比聡平参院議員は3月11日、国会内で全司法労働組合の中矢正晴委員長らと懇談し、裁判所職員の過労や地方の定員減の実態の聞き取りを行いました。

 

 全司法側は、最高裁が政府の定員合理化計画への「協力」として現場の書記官や事務官に長時間過密労働が強いられ、精神疾患を中心とした長期病休者が急増している実態を報告。東京を除き地方で職員が軒並み減らされていると述べました。

 

 中矢委員長は、児童虐待や青少年事件をはじめ家庭裁判所の受件数が増える一方、家裁調査官が増員されないと訴え、裁判所職員の抜本増が実現されるよう国会で提案してほしいと要望しました。

 

 仁比氏は「虐待をはじめ事件が複雑化するもとで職員を増やさないのはおかしい。抜本増員のため力を合わせましょう」と応じました。(しんぶん赤旗 2019年3月12日)

原発さよなら 廃炉へ舵を 西日本から被災地連帯 福岡

  • 2019.03.10 Sunday
  • 23:59

 北九州市で3月10日、「さよなら原発!3・10北九州集会」(主催・同実行委員会)が開かれ、雨の中600人が参加しました。

 

 

 脱原発ネットワークの深江守・九州代表は「世界は明らかに、脱原発にかじを切っている」と、原発のない未来は遠くないと強調。「原発なくそう!九州玄海訴訟」弁護団や労働組合、生協などの代表がスピーチし、関門港湾労働組合協議会の代表は「いまだに故郷に帰れない人がいる中、安倍政権はただ原発再稼働を進めている」と批判。原発問題を発信するお笑い芸人「おしどりマコ・ケン」がトークを披露しました。

 

 

 日本共産党の仁比そうへい参院議員、田村貴昭衆院議員、たかせ菜穂子、山囗りつ子両福岡県議、大石正信、いとう淳一県議予定候補、かわの祥子参院福岡選挙区予定候補らが「原発はいらない」の横断幕を手に参加。しのだ清県知事予定候補も参加しました。(しんぶん赤旗 2019年3月13日)

統一地方選勝利へ演説会 暮らし守る来住県議予定候補かならず 仁比氏訴え 宮崎・都城

  • 2019.03.09 Saturday
  • 23:59

 

 日本共産党の仁比そうへい参院議員は3月9日、宮崎県都城市で開かれた日本共産党演説会で来住一人県議予定候補=現=とともに訴えました。

 

 仁比氏は、消費税増税、沖縄・辺野古米軍新基地建設、安倍農政などについて批判。国の悪政の中、来住県議の論戦が重度障害者医療費助成制度の窓口無料化など大きく県政を動かしていると強調。「来住県議の議席を守り、統一地方選・参院選の勝利で安倍政治を終わらせよう」と訴えました。

 

 来住予定候補は、県民の立場から暮らしや平和を守るために、知事の辺野古新基地建設に対する政治姿勢を批判し、国保事業の問題点を解決するために共同の力を議会の中で果たしてきたことを紹介し、共産党の議席の値打ちを語りました。 「来住さん頑張れ」の声援と大きな拍手が送られました。

 

 日南市の井福秀子=現=、わたり恭輔=現=、小林市の時任隆一=現=、大迫みどり=現=、串間市の児玉まさたけ=現=、高原町の中村昇=現=、三股町の上西ゆう子=前=の各市町議予定候補が紹介されました。(しんぶん赤旗 2019年3月12日)

 

しのだ知事予定候補で県民本位の福岡に 事務所びらき

  • 2019.03.09 Saturday
  • 23:59

 

 福岡県知事選(21日告示、4月7日投票)で、しのだ清予定候補=無所属新、日本共産党推薦=の勝利をめざす「県民を主人公に、憲法をくらしに生かす福岡県民の会」は3月9日、福岡市内で事務所開きを行いました。

 

 

 しのだ予定候補は、「安倍政権いいなりか、憲法をいかし県民の命と暮らしを第一に考えるのかが最大の争点だ」と強調。消費税増税や種子法廃止に声をあげ、築城基地の米軍基地化などの軍拡の動きに反対する地域住民を知事として応援したいと決意表明。「安倍政権さよなら、今の県政の転換を願う皆さん、その願いを託していただき一緒に県政を変えていきましょう」と呼びかけました。

 

 

 日本共産党の真島省三前衆院議員、山囗りつ子県議、福岡市議候補らが駆けつけました。真島氏は、「つくる前から赤字と分かっている下関北九州道路。無駄遣いをきっぱりやめるしのだ予定候補を知事にしなければ命とくらしを守ることができない。何としても押し上げ希望の持てる県政をつくろう」と訴えました。

 

 野党共闘前進に取り組む木村公一牧師がメッセージを寄せました。(しんぶん赤旗 2019年3月12日)

2019統一地方選 前半選の躍進必ず 党福岡県委が「集中作戦」

  • 2019.03.08 Friday
  • 23:59

 

 日本共産党福岡県委員会は、4月7日投票の統一地方選前半戦で県議選で5人、福岡市議選で7区7人全員の勝利をと3月8日、3日間の「第1次前半戦集中作戦」を開始しました。候補者を先頭に街頭で「声の宣伝」を繰り広げました。

 

 県議選北九州市小倉南区(定数3)では現職の、たかせ菜穂子候補が真島省三前衆院議員とともに訴え。安倍政権と一体に巨大開発を推進してきた小川県政を批判。国保料のサラリーマン並みへの引き下げの実現など、「ご一緒に県政を変えましょう」と呼びかけました。

 

 たかせ候補と握手した男性(89)は、高齢者は経済的に不安と述べ「私は軍国主義の教育をうけて完全な右寄り、反共。でも共産党の話を聞いてみるともっともだと感じる。仲間を増やして力をつけてほしい」と党への期待を語りました。

 

 大激戦の同市小倉北区(定数3)では大石正信候補が地域の党員とともに街頭宣伝。学童保育減免制度創設や後期高齢者医療保険料引き下げ、教員採用増などの実績を紹介し「党議員が増えれば県民の願いが届く議会になる。何としても小倉北区の議席を奪還させてほしい」と訴えました。

 

 宣伝に駆け付けた71歳の男性は、「県政を変えるチャンスの選挙。政策を浸透させるため宣伝で訴え抜きたい」と語りました。(しんぶん赤旗 2019年3月9日)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM