各地で党演説会 大分・中津で田村衆院議員

  • 2018.09.24 Monday
  • 23:59

 

 大分県中津市で9月24日、日本共産党の田村貴昭衆院議員を迎えた演説会が開かれました。田村氏は沖縄知事選での玉城デニー候補への支援を呼びかけるとともに、来年の参院選、統一地方選勝利に向け「暴走する政治と真正面から対決して頑張るのが日本共産党です。この党を大きくして、力合わせて安倍政権を打ち倒そう」と呼びかけました。

 

 自民党総裁選後の世論調査にふれた田村氏は「国民多数が望んでいるのは社会保障充実と景気対策であり、憲法改定は少数だ。ここに民意がある」と強調。「安倍首相にだけは憲法に手をつけさせない」との一点で共同し、3000万人署名を進め、改憲論議を国会の入り口でストップさせてきた市民と野党の共闘をさらに前進させ「安倍首相の改憲発議を絶対に許さず、安倍政権を退場に追い込もう」と呼びかけました。

 

 官邸、政権与党のなりふり構わぬ選挙戦で大激戦となっている沖縄知事選を「絶対に負けるわけにはいかない」と力を込めると、会場から大きな連帯の拍手が起こりました。

 

 統一地方選をたたかう、あらきひろ子、川内やちよ、三上ひでのりの3市議が決意表明しました。(しんぶん赤旗 2018年9月25日)

党躍進訴え各地で集い 国会で共闘進展 大分

  • 2018.09.23 Sunday
  • 23:59

 

 日本共産党の真島省三前衆院議員は9月23日、大分県杵築市と宇佐市で開かれた集いに参加し、沖縄知事選勝利、来年の参院選、いっせい地方選での党躍進を訴えました。

 

 杵築市で真島氏は、米国言いなり、大企業中心の政治、ウソとごまかしの安倍政権を批判。「力を合わせて安倍政権を倒し、明るい未来を切り開こう」と呼びかけました。

 

 「野党はどうなっている」「どうすれば選挙に勝てるのか」などの質問にていねいに答えた真島氏は、国会で原発ゼロ法案や種子法復活法案などを共同提案し、安倍首相が狙う改憲論議を止めてきた野党共闘の進展を報告。「そのど真ん中で頑張ってきた共産党を強く大きくするために力を貸してほしい」と訴えました。

 

 来年の市議選をたたかう加来喬市議が決意を述べ、支部長が「力を合わせよう」と呼びかけました。


税金の使いに問題 長崎

 

 日本共産党の真島省三前衆院議員は9月22日、長崎県諫早市で開かれた同市南支部主催の「共産党と語るつどい」に参加しました。

 

 真島氏は、国民の暮らしが苦しいのは、ゆがんだ税金の使い方に問題があるからだと指摘しました。全国の公立小中学校給食の無償化に必要な費用は4400億円、大規模災害での被災者生活再建支援制度への支出はこの20年間で4200億円であり、米軍への思いやり予算とほぼ同額だと解明。「ここにメスを入れ、99%の国民につけを押し付ける政治を変えなければいけない」と強調しました。

 

 投票日まで1週間と迫る沖縄知事選について「オール沖縄」の玉城デニー候補への支援を訴え。さらに「野党共闘のど真ん中で頑張る共産党を大きく前進させてほしい」と入党を呼びかけました。

 

 西田京子諫早市議が、諫早市の国保料が今年度モデル世帯で1万5700円引き上げられたことなどについて報告しました。参加者からは「息子が派遣労働者で、保障もなく異常な低賃金」「国保料が高く、非常に生活がきつい」などの声が上がりました。(しんぶん赤旗 2018年9月25日)

「デニー勝利」なんとしても 「オール沖縄」大集会に8000人

  • 2018.09.22 Saturday
  • 23:59

翁長氏遺志継ぎ 辺野古新基地必ず止める

写真

 

 最終盤を迎える沖縄県知事選(30日投票)で、名護市辺野古での米軍新基地を絶対に造らせないという翁長雄志知事の遺志を継ぐ「オール沖縄」の玉城デニー候補の必勝に向けて9月22日、「うまんちゅ大集会」が那覇市・新都心公園で開かれました。断続的に雨が降る中、8000人の参加者は、国家権力総動員の相手候補に打ち勝ち、何としてもデニー候補を勝利させようと誓い合いました。 (玉城デニー候補の訴え要旨

 

 デニー候補は「翁長知事は平和と経済を両立させるとおっしゃっていた。私たちは平和を希求する行動、理念を決してやめてはいけない。辺野古新基地建設はその理念と真っ向相反するものです。辺野古に新しい基地は絶対に造らせない」と揺るぎない決意をみなぎらせました。さらに、「普天間(基地)は閉鎖・返還です。戦争で奪われた土地は沖縄県民に返すべきです」とし、「日本政府から、アメリカから、沖縄をウチナーンチュ(沖縄県民)の手に取り戻す」と訴えました。

 

 「ヌチカジリチバラナヤーサイ(命の限り頑張りましょう)」との翁長知事の肉声音声が流され、デニー候補が「ウチナーグスーヨー(県民の皆さん)、マキテェーナイビランドー(負けてはいけません)」と声を響かせると、瞬く間に「デニー」コールと拍手に包まれました。

 

 集会には、翁長知事の妻・翁長樹子(みきこ)さんが参加。何度も言葉を詰まらせながら、懸命に声を絞り出してデニー候補の勝利を訴えました。 (翁長樹子さんの訴え

 

 

 「うまんちゅ大集会」では、日本共産党の赤嶺政賢衆院議員ら沖縄選出議員が紹介されたほか、共産党の小池晃書記局長、立憲民主党の福山哲郎幹事長、社民党の福島瑞穂副代表、自由党の森ゆうこ幹事長代理ら野党国会議員も参加し、一緒にがんばろうを三唱しました。(しんぶん赤旗 2018年9月23日)

ひどい政治変える党 田村氏迎え労働者学習会

  • 2018.09.22 Saturday
  • 23:59

 

 日本共産党大分県労働者後援会は9月22日、田村貴昭衆院議員を迎えて労働者学習交流集会を大分市で開きました。来年の県議選をたたかう、つつみ栄三=現=、えんど久子=新=の両氏と別府市議選をたたかう労働者出身の美馬きょうこ氏=新=が決意を述べました。

 

 

 田村氏は、沖縄県知事選での玉城デニー候補の支援・連帯、来年の参院選、いっせい地方選での勝利を訴え。安倍政権の「働き方改革」法について「高度プロフェッショナル制度を職場に持ち込ませないたたかいが大事だ」と指摘しました。国会では野党が結束して裁量労働制の拡大を撤回させ、2013年参院選での党躍進がブラック企業を告発し、労働局に是正勧告指導を実行させたと強調。「共産党を強く大きくすることが野党共闘の前進と憲法、暮らし、雇用を守る確かな道だ」と訴えました。

 

 会場から教職員の過重・長時間労働の告発や不当な賃下げ・パワハラに抗して頑張る職場からの報告などがあり、後援会長は「ひどい政治を本気で変える共産党の躍進を」と呼びかけました。(しんぶん赤旗 2018年9月25日)

党躍進へ 各地で集い 復興支援に尽力 熊本

  • 2018.09.22 Saturday
  • 23:59

 熊本市の日本共産党熊本地区委員会と党八王寺支部は9月22日、仁比聡平参院議員を迎え、つどいを開きました。沖縄県知事選の玉城デニー候補勝利、来年の参院選、統一地方選での市民と野党の共闘前進と党の躍進を呼びかけました。2会場で30人余りが参加。山本伸裕県議、上野美恵子市議が出席しました。

 

 仁比氏は、日本共産党が野党共闘の要となり「憲法が生きる希望ある政治に道を切り開いてきた」と紹介しました。災害支援では、被災者にまで「自己責任」を押し付ける安倍政権を批判し、「住まいの再建はじめ元の生活を取り戻してこそ本当の復興だ」と強調。生活再建支援金を500万円に引き上げ一部損壊にも公的支援などの拡充に力を尽くしたいと述べました。

 

 懇談で仁比氏は、みなし仮設の追い出しや医療費免除打ち切りなど熊本地震被災者からの切実な訴えについて、「声をあげることが大事。共産党はいっしょに頑張ります」と答えました。

 

 参加した女性(61)は当面する沖縄知事選について、「情勢がよくわかった。辺野古新基地阻止や米軍基地撤去を願う県民に寄り添うデニー候補勝利に、熊本からも支持を広げたい」と話しました。(しんぶん赤旗 2018年9月25日)

共産党 読谷の米兵住居侵入 防衛局に抗議 赤嶺議員ら 被害者へ謝罪・補償を

  • 2018.09.21 Friday
  • 23:59

 日本共産党沖縄県委員会は9月21日、沖縄防衛局を訪れ、読谷(よみたん)村で起きた米兵の住居不法侵入に抗議しました。赤嶺政賢衆院議員・党県委員長、伊佐真武、城間真弓の両読谷村議、沖縄、うるま、北谷(ちゃたん)の各市町議が訴え、防衛局の中嶋浩一郎局長が応対しました。

 

 飲酒した米軍嘉手納基地所属の陸軍兵が7日午後10時半ごろ、高校2年の女子生徒と生後5カ月の妹のいる民家に上半身裸で不法侵入。女子生徒は乳児を抱き、リビングの窓からはだしで飛び出し、近所の助けを求めて保護されました。その後女子生徒は、授業中に泣きだすなど強い精神的ショックを受けているといいます。

 

 共産党県委は、▽被害者への謝罪と完全補償▽県民の納得する実効性のある再発防止策▽日米地位協定の抜本的改正▽日米安保条約の廃棄―を求めました。

 

 赤嶺氏は「同じ事件が繰り返されている。綱紀粛正、教育の徹底、再発防止と何度も聞いてきた。米側に植民地意識があるから事件が起こっている」と指摘しました。

 

 伊佐氏は「住民はいつ被害を受けるか分からず心配している。日米地位協定を変えよ、は全国知事会の声になっている。再発防止策を文書で公表すべきだ」と強調。城間氏は「感情なしに淡々と答えられる話なのか」と厳しく批判しました。(しんぶん赤旗 2018年9月22日)

翁長県政引き継ごう 県知事選勝利へ革新懇集会

  • 2018.09.21 Friday
  • 23:58

 

 30日投票の沖縄県知事選での玉城デニー候補の勝利に向け、全国革新懇と沖縄革新懇は9月21日、那覇市で交流決起集会を開きました。沖縄革新懇の仲山忠克代表世話人(弁護士)は全国からの参加者を前に「安倍政権との対決であり日本の未来がかかっている。国家ぐるみ、企業・団体ぐるみの相手候補をはね返し、辺野古に基地を造らせないという翁長県政を引き継ごう」と訴えました。

 

 玉城デニー選対本部長の仲里利信前衆院議員は「翁長県政になって沖縄県の経済は豊かになっている。全ての基地が返還されれば県内GDP(総生産)は2倍になる。勝利のために頑張ろう」と力を込めました。

 

 「新しい風・にぬふぁぶし」の金城徹共同代表(元那覇市議会議長)は「故・翁長知事は、保守と革新が手を取り合って基地問題を解決しようと訴えた。その努力をここで途切れさせるわけにはいかない」と奮闘を呼びかけました。

 

 日本共産党の赤嶺政賢衆院議員は「普天間基地の補修工事を容認し、基地の固定化・強化に手を貸してきた相手候補には絶対に負けられない」と強調しました。

 

 東京から駆け付けた政治学者の五十嵐仁さんは「辺野古新基地建設を認めるわけにはいかない。命の限りを尽くした翁長さんの遺志を継ぐデニーさんの勝利を何としても」と語り、全労連の小田川義和議長が「デニーさんの勝利のため、残りのたたかいを全力で頑張りたい」と述べると、大きな拍手が起こりました。

 

 全国革新懇から牧野富夫代表世話人(日本大学名誉教授)が出席。沖縄県統一連の瀬長和男事務局長が情勢を報告しました。全国の参加者からの決意表明が行われました。(しんぶん赤旗 2018年9月22日)

沿岸漁民が要望行動 「水産改革」・クロマグロなど 笠井・紙・田村氏応対

  • 2018.09.21 Friday
  • 23:57

 全国沿岸漁民連絡協議会は9月21日、「全国沿岸漁民中央要望行動」をおこないました。要望書を持って、全国漁業協同組合連合会(全漁連)、水産庁、国会議員に要請しました。

 

 要望書は、▽漁業権を、漁協を通さず企業に直接免許するなどの「水産改革」をおこなわない▽海区漁業調整委員会での漁業者による公選制を維持する▽沿岸漁民の声を聞かずに大型巻き網船に優先配分したクロマグロの漁獲枠を見直す▽水産政策審議会に沿岸漁民の代表を選出する―などを求めています。

 

 日本共産党への要請には、鈴木正男共同代表、二平章事務局長、北海道、青森・大間、岩手、千葉、愛媛の漁民ら17人が参加。笠井亮衆院議員(政策委員長)、紙智子参院議員(農林・漁民局長)、田村貴昭衆院議員が応対しました。

 

 鈴木共同代表は、クロマグロ規制について「海のルールを、いちばん影響を受ける漁師の声を聞かずに決め、生活できないペナルティーを押し付けている」と批判しました。

 

 笠井氏は「漁業者のみなさんは、水産物の安定供給や国境維持など多面的な役割を果たしています。企業が入ってくることによって、浜に混乱を起こすという実情をうかがいました。沿岸漁民のみなさんが生活できる取り組みが必要だ」と話しました。(しんぶん赤旗 2018年9月22日)

零細漁業切り捨てる改定案 沿岸漁民フォーラム 「クロマグロ規制と同じ」

  • 2018.09.20 Thursday
  • 23:55

 政府の漁業制度の改定案、クロマグロ漁獲規制、漁業権の制度について議論しようと9月20日、「全国沿岸漁民フォーラム」が東京都内で開かれました。主催は、全国沿岸漁民連絡協議会(JCFU全国沿岸漁民連)とNPO法人「21世紀の水産を考える会」。

 

 水産庁の改定案では、▽地元漁協優先だった漁業権付与のルールを廃止する▽海区漁業調整委員会の委員の漁民による公選制を廃止する―としています。

 

 主催者あいさつした全国沿岸漁民連の高松幸彦共同代表は、沿岸漁民の意見を聞かないまま、大型漁船に漁獲枠を配分したクロマグロの漁獲規制にふれ、「今回の『改革』も同じやり方だ」と述べました。

 

 研究者らが特別報告しました。

 

 福井県立大学の長谷川健二名誉教授は「漁業制度への無理解・偏見にもとづく規制改革推進会議の議論に基づき“生産性向上”“成長産業化”零細漁業者を切り捨てるものだ」と批判。

 

 香川海区漁業調整委員会の濱本俊策会長は、漁業者や各調整委員会への十分な説明もしないまま、臨時国会での法案提出を狙っていると指摘し「全国15万の漁業者が行動すれば止められる」と述べました。

 

 各地の漁民が、7月から始まったクロマグロの漁獲規制の影響について報告しました。

 

 日本共産党の田村貴昭衆院議員、紙智子参院議員、立憲民主党、自民党の議員があいさつしました。(しんぶん赤旗 2018年9月21日)

戦争法強行から3年 デニー勝利へ連帯行動

  • 2018.09.19 Wednesday
  • 23:59

 2015年9月の戦争法(安保法制)の強行採決から3年となった9月19、各地で戦争法の廃止、安倍9条改憲阻止、沖縄県知事選での玉城デニー候補勝利の支援などを掲げて集会やデモ、スタンディングが行われました。

 

市民と野党の共同で

 

 福岡県総がかり実行委員会は、福岡市の繁華街、天神で約200人が参加し、「天神総行動」を行いました。

 

 青柳行信代表が「市民と野党の力をもって安倍政権の暴虐に立ち向かおう」と呼びかけ。市民連合ふくおかの片山純子さん(61)や沖縄・辺野古での座り込み参加者、9条の会の代表がアピールトークしました。

 

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は「来年の参院選で安倍暴走政治を退場に追い込むためになおいっそう野党間の団結を深めていく」と訴え。立憲民主党の山内康一衆院議員、国民民主党の稲富修ニ衆院議員、無所属の野田国義参院議員が決意表明。社民党の吉川元衆院議員がメッセージを寄せました。

 

日米共同訓練に反対 鹿児島

 

「憲法壊すな・戦争法廃止!かごしまの会」は、安保法制=戦争法の強行成立から3年の節目に合わせ、鹿児島市の鹿児島中央駅東口広場で、県民集会を開きました。

 

 400人が集まり「憲法壊すな」「安倍やめろ」のメッセージカードを掲げ、「種子島での日米共同訓練反対」「辺野古新基地建設許さない」とシュプレヒコールをあげました。

 

 飯田泰雄共同代表は、秋の臨時国会での改憲発議を許さないために、「3000万人署名を集めきろう」と呼びかけました。

 

 日本共産党の真島省三前衆院議員、立憲民主党の川内博史衆院議員、社民党の北森孝男県連合代表が連帯あいさつし、野党と市民が結束してたたかい続けることを確認しました。(しんぶん赤旗 2018年9月21日)

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM