党躍進へ 各地で集い 復興支援に尽力 熊本

  • 2018.09.22 Saturday
  • 23:59

 熊本市の日本共産党熊本地区委員会と党八王寺支部は9月22日、仁比聡平参院議員を迎え、つどいを開きました。沖縄県知事選の玉城デニー候補勝利、来年の参院選、統一地方選での市民と野党の共闘前進と党の躍進を呼びかけました。2会場で30人余りが参加。山本伸裕県議、上野美恵子市議が出席しました。

 

 仁比氏は、日本共産党が野党共闘の要となり「憲法が生きる希望ある政治に道を切り開いてきた」と紹介しました。災害支援では、被災者にまで「自己責任」を押し付ける安倍政権を批判し、「住まいの再建はじめ元の生活を取り戻してこそ本当の復興だ」と強調。生活再建支援金を500万円に引き上げ一部損壊にも公的支援などの拡充に力を尽くしたいと述べました。

 

 懇談で仁比氏は、みなし仮設の追い出しや医療費免除打ち切りなど熊本地震被災者からの切実な訴えについて、「声をあげることが大事。共産党はいっしょに頑張ります」と答えました。

 

 参加した女性(61)は当面する沖縄知事選について、「情勢がよくわかった。辺野古新基地阻止や米軍基地撤去を願う県民に寄り添うデニー候補勝利に、熊本からも支持を広げたい」と話しました。(しんぶん赤旗 2018年9月25日)

名護市議選 よしい候補を必ず 新基地ノー大激戦 仁比参院議員応援

  • 2018.09.06 Thursday
  • 23:59

 日本共産党の仁比そうへい参院議員は9月5日から沖縄入りし、同日は大激戦・大接戦となっている沖縄県名護市議選(9日投票)で、よしい俊平候補(25)=新=をなんとしても押し上げようと市街地を駆け巡りました。夜は同市の党と後援会の決起集会で訴え、6日は沖縄市議選(9日投票)の応援に入りました。 (関連記事)

 

 名護市で仁比氏は、最大の争点は、安倍政権が力ずくで推し進めようとする同市辺野古の米軍新基地建設を許していいのかだと指摘。「玉城デニー知事候補とともに、名護市で頑張り抜くよしい俊平。大激戦を必ず勝ちぬかせてください」と力を込めました。

 

 よしい候補は、安倍政権が、新基地建設を受け入れるなら米軍基地再編交付金を出す、受け入れないなら損害賠償を払えと脅していることを批判。「市議選で勝利し、辺野古の新基地建設をストップさせましょう」と訴えました。

 

 「翁長雄志知事の遺志を引き継ぐ」との訴えを聞き自宅から飛び出してきた野邊智枝子さん(70)は「基地は拡大してはいけない。きれいな海をなんで壊すか」と話しました。

 

 決起集会で仁比氏は自民系、公明候補が保育料や学校給食費無償化を“自慢”しながら、その財源に基地再編交付金を充てることには全く触れていないと述べ、新基地ストップを掲げるよしい候補の頑張りが決定的に重要だと強調しました。(しんぶん赤旗 2018年9月7日)

言葉磨き展望届ける 学習交流会で仁比参院議員 福岡

  • 2018.08.31 Friday
  • 23:59

 

 日本共産党福岡県委員会は8月31日、仁比そうへい参院議員と下関市立大学の関野秀明教授を招き学習・職場交流会を開きました。

 

 仁比氏は、安倍政権のもとでの長時間労働と世界的に見ても低すぎる最低賃金とその地域間格差を批判。「参院選を前に8時間働けば人間らしく生きていける社会の実現が若者たちの胸に届くよう言葉を磨き、あらゆる職場に共産党員がいて力を合わせていけるよう党を強く大きくしたい」と訴えました。

 

 関野教授は、長時間労働や労働争議日数の国際比較などのデータを使って「資本論」の資本の搾取と労働者階級の成長・団結の必然性について講演。質問に答えて「日本型の企業中心社会が衰退し、労働組合と労働者政党によって社会・職場をよくする可能性が生まれた。市民と野党の共闘はその表れだ」と語りました。

 

 参加した男性(36)は「政治にあまり興味が無かったが、労働組合で活動していく中で得た考えと共産党の目指すものが同じと理解できた。聞いた内容を整理して活動にいかしたい」と語りました。(しんぶん赤旗 2018年9月5日)

国労九州本部が大会 仁比氏「交通権保障とともに」

  • 2018.08.30 Thursday
  • 23:58

 

 国鉄労働組合九州本部第34回定期大会が8月30日に福岡市内で開かれ、日本共産党の仁比そうへい参院議員が連帯あいさつしました。

 

 千々岩隆委員長は、「働き方改革」一括法の修正・廃止を訴え。安倍政権への怒りと不満が頂点に達するなか、野党と幅広い市民の共闘によって参院選で与党と改憲勢力を打ち倒そうと呼びかけました。

 

 仁比氏は、大企業や富裕層にもうけを集中する安倍政権の経済政策のもと、JR九州がダイヤ減便や駅無人化など株主の利益至上主義とも言うべき異常な経営をしていると指摘。保守の自治体首長からの抗議などを紹介し「国労のみなさんの要求実現にこそ、住民本位の安全・安心な交通権を保障する未来がある。私たちも一緒に運動を広げていきたい」と訴えました。沖縄県知事選や参院選、統一地方選勝利と市民と野党の共闘前進を訴え、「安倍政治を倒し、一緒に希望ある未来を切り開いていこう」と力を込めました。

 

 社民党の吉田忠智前党首も連帯のあいさつをしました。(しんぶん赤旗 2018年9月5日)

オール沖縄の大黒柱 党2議席必ず 南風原町議選勝利 仁比氏訴え

  • 2018.08.20 Monday
  • 23:59

 

 沖縄統一地方選挙の中で9月4日告示(9日投票、定数16)で町議選がたたかわれる沖縄県南風原(はえばる)町で8月20日、日本共産党の仁比聡平参院議員を迎えて演説会が開かれました。「オール沖縄の一員として町民の先頭に立って頑張りたい」との宮城かんじゅん、大城つよし両予定候補の力強い決意表明に大きな拍手が起こりました。

 

 仁比氏は、名護市辺野古の新基地建設で土砂投入を狙う安倍政権に決定的な審判を下す必要があるとして「9月のたたかいが沖縄と日本の進路を左右する」と強調。「オール沖縄の大黒柱として頑張ってきた共産党の2議席を絶対に守り抜いてこそ、子どもたちに誇れる沖縄と日本をつくる力が生まれてくる」と訴えました。

 

 玉城武光県議が「翁長雄志知事の遺志を継ぐたたかいの始まりになる選挙。引き続き町議会に共産党の2議席を」と呼びかけました。

 

 参加した男性(66)は「町民の切実な要求を議会に届け、町の課題に粘り強く取り組んできたのが、かんじゅん議員、つよし議員です。町民が安心して暮らせるように今後も奮闘してほしい」と期待を寄せました。(しんぶん赤旗 2018年8月22日)

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM