党躍進で政権倒そう 松岡予定候補、長崎・佐賀駆ける

  • 2017.06.21 Wednesday
  • 23:59

 日本共産党の衆院九州・沖縄比例ブロックの松岡勝予定候補は6月21日、牧山隆衆院長崎1区予定候補とともに長崎市内3カ所の街頭で党の躍進を訴えました。

 

 

 松岡氏は「共謀罪」法の強行採決を厳しく批判し、「加計学園問題の追及から逃れるための党利党略であり、疑惑解明は急務である」と強調。「日本共産党は野党と市民の共闘に全力を尽くします。次期総選挙で党を躍進させ、安倍暴走政治を打倒しよう」と呼びかけました。

 

 牧山氏は国連での核兵器禁止条約の交渉会議についてふれ、「『ヒバクシャ国際署名』を大きく広げ、核廃絶目指し全力で頑張る」と決意を語りました。

 

 通りがかって松岡予定候補を携帯で撮影していた女性(76)は、「安倍政権をつぶしましょう。安倍さんは自分の力で何でもできると思っている。自分のお友達だけ良いようにして、本当に腹が立つ」と述べ、党に期待を寄せました。青年も立ち止まって話に聞きいっていました。

 

玄海原発視察、「集い」

 

 松岡衆院比例予定候補は20日に佐賀県唐津市に入り、北部地区委員会主催のつどいで訴えました。その後にJA唐津などを訪問し、玄海原発を視察しました。

 

 つどいで松岡予定候補は「共謀罪」法について、「委員会の採決をすっ飛ばして本会議で決めるなんて、禁じ手以外のなにものでもない。余りにもひどい暴挙」と批判しました。

 

 つどいに来た女性(80)=唐津市=は、「原発はやめなければいけない。玄海原発のある玄海町だけじゃなく唐津市だって被害を受ける。共産党には原発廃炉に向けがんばってほしい」とのべました。(しんぶん赤旗 2017年6月23日)

「政治を変えよう」 宮崎市で集い 松岡比例予定候補が訴え

  • 2017.06.16 Friday
  • 23:58

 日本共産党の松岡勝衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補は6月16日、宮崎市内3カ所で開かれた支部の集いに出席しました。

 

 党田野支部の集いでは、松岡氏は、特定秘密保護法、戦争法、「共謀罪」法と憲法違反の法律が三つも成立したが、必ず廃止するために野党と市民と力を合わせていきたいと話しました。「一緒にどうやっていくのか考えるために共産党に入ってほしい。一緒に政治を変えるためにがんばろう」と呼びかけました。中部地区副委員長は「独裁政治はやめさせないといけない」と語りました。

 

 参加者から「年金が少なくてお金が使えない」「原発の再稼働をあちこちでしている。あんなもんはいかん」などの発言がありました。

 

 初めて参加した68才の女性は「安倍首相は逃げるから好きじゃない」と述べ、62歳の女性は「政治のことはよくわからないけど共産党がすごいというのはわかった」と話しました。(しんぶん赤旗 2017年6月18日)

「共謀罪」法は廃止に 松岡比例、小林6区予定候補が訴え 福岡・久留米 

  • 2017.06.15 Thursday
  • 23:59

 

 日本共産党の松岡勝衆院九州・沖縄比例予定候補は6月15日、福岡県久留米市で小林とき子衆院福岡6区候補とともに集いや街頭で訴え、「共謀罪」法の廃止を呼びかけました。

 

 松岡氏は、「自公による強行採決は、民主主義を壊し政治への信頼を損なう暴挙だ。安倍政権には命も暮らしも託せない」と訴えました。

 

 久留米市内の4カ所で訴え、演説を聞きに来た男性(75)は、「森友、加計学園問題のように自分たちに都合が悪いことを隠すような自公政権に政治を任せられない」と話し、共産党への期待を語りました。

 

 松岡氏は久留米第一法律事務所、久留米民商を訪れ、新日本婦人の会の集まりであいさつしました。(しんぶん赤旗 2017年6月18日)

党躍進へ 九州・沖縄いっせい宣伝 「政治の私物化」疑惑解明へ全力

  • 2017.06.13 Tuesday
  • 23:59

 

 九州・沖縄8県の日本共産党は6月13日、「第3回九州・沖縄いっせい宣伝行動」をしました。衆院予定候補を先頭に各地で「共謀罪」法案をなんとしても廃案に追い込み、総選挙で党を躍進させてほしいと訴えました。

 

 日本共産党の九州・沖縄比例ブロックの松岡勝予定候補は、鹿児島市内各地で街頭演説し、与党が強行採決をねらう「共謀罪」法案の廃案を訴えました。

 

 鹿児島中央駅東口前では、山口ひろのぶ衆院1区予定候補、祝迫みつはる同2区予定候補とともに早朝宣伝しました。

 

 松岡氏は「日本共産党は他の野党と力を合わせて『共謀罪』の廃案と、森友・加計学園問題の疑惑解明のために全力を尽くす」と強調。「廃案のためには大きな国民世論が必要。憲法をないがしろにする安倍政権を終わらせるために力を合わせましょう」と呼びかけました。

 

 祝迫氏は「政治の私物化は許されない。野党と市民の共闘で安倍政権を退陣に。衆院選でも野党共闘の前進を」と訴えました。

 

 演説を聞いていた60代女性は「強行採決を繰り返す安倍政権のやり方はあまりにもひどい。野党共闘で頑張ってほしい」と激励しました。(しんぶん赤旗 2017年6月14日)

 

「共謀罪」断固廃案に 一緒に政治変えよう 松岡九州・沖縄比例予定候補が各所で訴え 大分

  • 2017.06.09 Friday
  • 23:59

 日本共産党の松岡勝衆院九州・沖縄比例候補は6月8、9の両日、大分県日田市と別府市の街頭や集いで「共謀罪は断固廃案に。力をあわせて政治を変えよう」と呼びかけました。

 

 日田市では大谷敏彰市議、三芳支部とともに公園や団地で訴えました。

 

 松岡候補は、監視社会を招く「共謀罪」の危険性や安倍首相の9条改憲発言、加計・森友疑惑などを告発。

 

 同問題で4野党党首会談が開かれたことも紹介し、「横暴で傲慢(ごうまん)、暴走する安倍政権に野党と市民が力をあわせるときです。力をあわせれば政治は変えられる」と力を込めました。

 

 訴えを聞いた住民は「私たちの集まりや相談事が見張られ、自由にモノが言えん怖い世の中になるということやね」「みんなに知らせんとね」「安倍首相を何とかせんとね」などと語りました。

 

 三芳支部の女性は「近所のおばあちゃんや子ども遅れの母親らも聞いてくれて関心は高い。世論を広げるときです」と話しました。

別府市では大塚光義衆院3区予定候補、猿渡久子元市議らと支部主催の集いで訴えました。(しんぶん赤旗 2017年6月10日)

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM