オスプレイ飛行中止せよ 九州沖縄の8県委員会が九州防衛局に抗議・申し入れ

  • 2016.12.22 Thursday
  • 23:59

 

 九州・沖縄8県の日本共産党県委員会は12月22日、九州防衛局(福岡市)に、米軍オスプレイの飛行停止と国内からの撤去を申し入れました。田村貴昭、真島省三両衆院議員、松岡勝衆院比例候補と各県の地方議員、衆院小選挙区候補ら17人が参如しました。

 

 米軍オスプレイの墜落事故について、田村氏は「量産後も重大事故が多発し、ついに日本でも墜落した。飛行再開は絶対に許されない」と述べ、真島氏は「事故を起こした当事者の米軍側の言い分をそのまま国民に説明することは無責任だ」と強く抗議しました。

 

 

 松岡氏は、沖縄の事故機が2014年の日米共同訓練で陸上自衛隊大矢野原演習場(熊本県山都町)に飛来していたとの情報について「機体番号を確認すべきだ」と迫りました。

 

 さらに、佐賀空港(佐賀市)への陸上自衛隊オスプレイの導入計画を断念し、海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)への米軍のKC130空中給油機とオスプレイの訓練移転計画を中止するよう求めました。

 

 陸自オスプレイについて「墜落などで漁業被害が生じた場合、国の責任で補償することになる」と述べた防衛局の担当者に対し、佐賀県の武藤明美県議は「漁業者は補償を求めているのではなく、オスプレイを配備することに反対している」と批判しました。

 

 鹿屋市の柴立俊明市議は、オスプレイの飛行ルートを明らかにするよう要望しました。(しんぶん赤旗 2016年12月23日)

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM