議席増で知事選につなごう 沖縄9町村議選 13氏第一声

  • 2018.09.04 Tuesday
  • 23:59

 沖縄県知事選の前哨戦として激しいたたかいが繰り広げられている沖縄統一地方選で9月4日、町村議選が告示(9日投票)され、日本共産党は9町村議選に13人が立候補しました。

 

 読谷村(定数19、立候補21人)で現職のイサ真武候補に加え、新人の城間まゆみ候補が1議席増の2議席目に挑み、党議席のない大宜味村(定数10、立候補13人)で大山みさこ候補=元=が空白克服をめざします。

 

城間候補(新)の出発式で激励挨拶する赤嶺衆院議員=読谷村

 

 赤嶺政賢衆院議員(党県委員長)が読谷村議選の応援に入り、党の議席増で「知事選勝利につなげよう」と呼びかけました。武田良介参院議員が現有2議席確保をめざす南風原町(定数16、立候補18人)に、田村貴昭衆院議員が同じく2議席確保をめざす八重瀬町(定数16、立候補17人)にそれぞれ駆け付けました。

 

 米軍北部訓練場のヘリパッド(着陸帯)問題が争点となる東村(定数8、立候補10人)では元区長など有力新人4人が立候補し、大激戦に。米軍伊江島補助飛行場の拡張と訓練激化がすすむ伊江村(定数10、立候補11人)は1人はみだしの激戦となっています。定数1減の渡名喜村(定数6、立候補7人)で現有2議席、中城村(定数16、立候補19人)、西原町(定数19、立候補21人)で現有1議席を必ず確保し、知事選もにらみ得票増を勝ち取ろうと訴えを広げています。(しんぶん赤旗 2018年9月5日)

玉城政権につなぐ勝利を 沖縄9町村議選スタート 9日投票 国会議員ら全力応援

  • 2018.09.04 Tuesday
  • 23:59

どこにも基地いらぬ 赤嶺議員力を込め 読谷村

 

 沖縄県読谷(よみたん)村議選(定数19)には、1議席増を目指す日本共産党のイサ真武(61)=現=、城間まゆみ(40)=新=の2氏が立候補しました。両候補は出発式で赤嶺政賢衆院議員らの応援を受け、知事選に直結するたたかいでの必勝の決意を語りました。

 

 

 4期目を目指すイサ候補は、国政による社会保障削減に歯止めをかけ国保税・介護保険料の負担軽減など村民の願い実現に取り組むと述べ、「知事選で玉城デニーさんを押し上げるため全力を尽くす」と表明しました。

 

 辺野古新基地に反対する「mama(ママ)ぐるみの会」を立ち上げ活動してきた城間候補は「普通の母ちゃんでも、本気で村民の声を聞き行動力と志で議員になれれば、若い人たちも政治に目を向け行動できるようになる」と必勝を訴えました。

 

 赤嶺議員は「新基地をめぐり県が軟弱地盤や建物の高さ制限の問題、防衛省の違法行為を認めるわけにはいかないと埋め立て承認を撤回したのは当然だ。翁長雄志知事の遺志を継ぎ2人の当選で知事選勝利につなげよう」と呼びかけました。

 

 イサ候補の出発式では嘉陽宗儀県議が激励。城間候補の出発式では伊礼悠記浦添市議が「命と平和を守る村政を」と応援しました。

出発式に参加した男性(38)は「いかに新基地を建てたらいけないかよく分かった。基地ありきではいけない」と語りました。

 

新基地阻む確かな力 田村議員が訴え 八重瀬町

 

 沖縄県八重瀬町議選(定数16)は、日本共産党の田村貴昭衆院議員が神谷セ一(64)=現=、神谷ノブオ(58)=現=両氏の合同出発式で必勝の訴えを行い「県知事選での玉城デニーさんの勝利につなげていこう」と呼びかけました。

 

 

 田村氏は、米軍機が飛ぶたびに児童が校庭から避難させられる普天間第二小学校(宜野湾市)の現状に触れて「普天間基地は無条件で閉鎖・撤去させるしかない。神谷セ一さん、ノブオさんの2議席は、新基地建設を断念に追い込む確かな力です」と訴えました。

 

 玉城武光県議と「島ぐるみ八重瀬の会」の沖本裕司さんの応援演説を受け、両候補は「一般会計予算を活用して国民健康保険料の負担軽減を求める」(セ一氏)、「子ども医療費無料化の公約をなかったことにする町長の姿勢を許さない」(ノブオ氏)と力強く訴えました。

 

 玉城デニー知事予定候補のメッセージが読み上げられると、大きな拍手が起こりました。

 

 出発式に参加した町内の女性(66)は「何度も示された民意を無視して辺野古新基地建設を進める政府に冷たさを感じます。安倍政権にも米軍にも立ち向かえる共産党の2人を必ず議会に送り出したい」と語りました。


真島氏が3町村を駆け応援

 

 沖縄統一地方選の町村議選で、西原町(定数19)の伊計ひろこ候補(57)=現=は真島省三前衆院議員の応援も受け、出発式を行いました。東村(定数8)のイサ真次候補(56)=現=、大宜味村(定数10)の大山みさこ候補(65)=元=は真島氏とともに街頭で訴えました。

 

 

 伊江村(定数10)ではナカ実候補(66)=現=、中城(なかぐすく)村(定数16)では安里ヨシコ候補(77)=現=、渡名喜(となき)村(定数6、1減)では上原てつあき(69)、上原シゲハル(63)=ともに現=両候補がそれぞれ第一声を上げました。(しんぶん赤旗 2018年9月5日)

住みたくなる町に 田村衆院議員 福岡・添田

  • 2018.05.19 Saturday
  • 23:57

 

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は5月19日、福岡県添田町議選(7月3日告示、8日投票、定数13)で党の空白議席奪還をめざす永沼かよ子予定候補(65)の事務所開きに駆けつけ、訴えました。

 

 田村氏は、安倍政権の一連の疑惑を厳しく批判。責任は安倍総理の政治の私物化にあるとし、「野党共闘で安倍政権を退場させる」と訴えました。「JR日田彦山線の復旧に奔走し、福祉、医療・介護に力を尽している永沼さんをぜひ町政に」と訴えました。

 

 永沼予定候補は「添田町を子育て世代や若者、お年寄りが楽しく生きいきと誰もが住みたくなる町にしたい」と決意表明しました。

 

 添田支部長・後援会長は「昨年来の豪雨災害での活躍、国にも県にも堂々とモノを言う、発言力、行動力を持つ頼もしい人です」と語りました。(しんぶん赤旗 2018年5月22日)

 

福岡・宮若市議選告示 党の2議席奪還必ず 藤嶋、和田氏が訴え

  • 2018.03.04 Sunday
  • 23:59

 福岡県宮若市議選が告示された3月4日、日本共産党の田村貴昭衆院議員が藤嶋よし子候補、真島省三前衆院議員が和田よしひさ候補の出発式でそれぞれあいさつをし、党の2議席奪還を呼びかけました。

 

 

 田村氏は、自由貿易協定などの亡国の農政や安倍9条改憲を批判、平和や農政への願いを託してほしいと呼びかけ。森友学園疑惑など開会中の国会の論戦を報告し、「国会のたたかいのまっただ中の選挙。野党と市民の共闘でひどすぎる政治を打開するため必ず勝利しよう」と訴えました。

 

 

 真島氏は、反戦平和、野党共闘、国民が主人公の立場でぶれない党議席の価値を強調。2候補勝利は「市政と日本の政治を変えていく第一歩になる」と語りました。

 

 和田候補は、3期10年で実現させた子ども医療費助成やゴミ袋料金値下げ、小学校エアコン設置の実績にふれ「道理ある提案をすれば必ず実現する」と訴え。藤嶋候補は、孫たちを前に「この子どもたちを戦場に送るわけにはいかない。憲法9条が輝いているからこそ平和であり続けられる」と、選挙勝利の決意を述べました。(しんぶん赤旗 2018年3月6日)

福岡・宮若市議選 和田、藤嶋の両候補が第一声

  • 2018.03.04 Sunday
  • 23:55

 

 福岡県宮若市議選(定数17、1減、立候補20人)が3月4日告示(11日投票)され、日本共産党の和田よしひさ(69)=元=、藤嶋よし子(64)=新=の両氏が第一声をあげました。

 

 田村貴昭衆院議員、真島省三前衆院議員が応援に駆け付け、田村氏は「2議席を実現して安倍政権に参ったと言わせる結果をつくろう」と訴えました。

 

 両候補は、▽国保、介護保険料の軽減▽ゴミ袋値下げ▽中学卒業までの子ども医療費完全無料化――などを公約しています。(しんぶん赤旗 2018年3月5日)

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM