共闘の時代 前進さらに 北九州市戸畑区共産党後援会総会 仁比・真島両氏が挨拶で決意

  • 2017.12.10 Sunday
  • 23:59

 日本共産党の仁比聡平参院議員と真島省三前衆院議員は12月10日、北九州市戸畑区で開かれた戸畑区党後援会総会であいさつをしました。

 

 

 仁比参院議員は、特別国会で安倍政治をさらに一歩追い詰めたと紹介。憲法改悪発議の阻止を呼びかけるとともに、「野党共闘を発展させ、『共闘の時代』にふさわしい党活動・党建設の新しい前進をつくりだそう。捲土(けんど)重来、真島さんとともに命を駆けてたたかい抜きたい」と決意を述べました。

 

 

 真島前議員は、「日本共産党が力をつけることが日本の政治を変える決定的な力になる。共産党を知っていただくため、皆さんと一緒に地元を回り一人ひとりに真正面から訴えていきたい」と語りました。

 

 総会では、事務局長が「後援会ニュース『とばたの風』で日常的な結びつきをつくり会員拡大をしよう」を呼びかけ、「各支部に対応した単位後援会を持ち、得票目標達成を」と訴えました。

 

 各後援会が活動報告。「日常的に気軽につどいを開いていこうと計画している」(新婦人内後援会)などの発言がありました。

 

 総会には67人が参加。荒川徹市議が市政報告をしました。(しんぶん赤旗 2017年12月13日)

全有権者規模の運動に 福岡で党・後援会が決起集会

  • 2017.09.16 Saturday
  • 23:59

 

 日本共産党福岡県委員会と県党後援会は9月16日、学習決起集会を開きました。田村たかあき、まじま省三両衆院議員、仁比聡平参院議員、松岡勝衆院比例予定候補、衆院福岡小選挙区全11区の各予定候補者が登壇し、会場いっぱいの参加者と総選挙勝利の決意を固めあいました。

 

 党中央選挙対策局の水谷定男局長が講演。「共産党を除く」壁の崩壊のもとでの有権者の変化に対応した、従来の枠にとらわれない全有権者規模の運動を訴え、「未踏の領域に突入するなか、今までしたことがない取り組みを大いにしていこう」とし、福岡9区、10区の必勝区をはじめとする小選挙区でも議席獲得に挑戦するよう呼びかけました。

 

 岡野隆県委員長は、「総選挙で必ず勝利できる強く大きい党をつくる仕事に思いきって力を集中しよう」とのべ、県内比例40万の得票目標にふさわしい党と後援会の自力づくり、安定して前進する全党員参加の読者拡大などを訴えました。

 

 集会に参加した男性(33)は「日曜版などの拡大の重要性を再確認しました。スマホの電話帳が名簿だとの訴えに、LINE(ライン)を使っての支持拡大や未結集の仲間への呼びかけに挑戦してみたいと思った」と話しました。(しんぶん赤旗 2017年9月19日)

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM