桜を見る会 税金私物化 野党が合同街頭演説 熊本

  • 2019.11.10 Sunday
  • 23:59

 

 熊本県の野党合同街頭演説会が11月10日、熊本市の上通アーケード前で行われました。6野党の訴えに、買い物や観光に訪れた人たちが足を止めて熱心に耳を傾けていました。

 

 日本共産党の真島省三前衆院議員、立憲民主党の矢上雅義衆院議員、国民民主党県総支部県連合の中山幸弘代表(宇城市議)、社民党県連合の中島隆利前代表(元衆院議員)、新社会党県本部の栗原隆書記長、くまもと民主連合(地域政党)の鎌田聡代表(県議)が、消費税、憲法、社会保障、災害対策、農業、原発などの問題について訴えました。

 

 真島氏は、安倍内閣の閣僚の不祥事や公費を使った「桜を見る会」で首相の地元後援会員を接待するなど税金の私物化を批判。「一刻も早く打ち倒そう」と呼びかけました。来る総選挙では、力強い政権構想を示して「私の一票で政治を変えることができる」という希望を広げることが重要だと指摘し、「政権をともにする決意を示すことが国民に対する責任だ」と力を込めました。

 

 演説を聞いた女性(75)は「安倍首相の税金の私物化は目に余る。絶対に許したらいかん。野党は力を合わせて頑張って」と話しました。(しんぶん赤旗 2019年11月12日)

消費税5%に戻そう 税率は下げられる 宮崎・日向市

  • 2019.10.25 Friday
  • 23:58

 

 日本共産党のまじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補は10月25日、宮崎県日向市で行われた集いで訴えました。

 

 日向市内で健康食品や化粧品を販売している店舗で行われた集いでは、食の安全や健康について関心のある女性たちが多く参加。まじま氏は参加者からの「共産党は介護制度についてどう考えているのか」「消費税5%は無理と思っていたけど、話を聞いて、できるんだと分かった。消費税を下げることはできるのに、誰が止めているのか」などの質問に丁寧に答えました。

 

 参加者は「分かりやすくて良い話を聞けて良かった。娘たちにも聞かせたい」と話していました。

 

 まじま氏は、福祉事業所の代表や日向商工会議所と懇談しました。福祉事業所の代表は、憲法を生かし、権利を擁護するよう努力していると話しました。

 

 商工会議所では、「プレミアム付き商品券は、『自分は非課税世帯です』と言っているようなもので、利用者は少ない」「研究開発減税は大企業しか使えない」などの意見が出ました。黒木万治市議が同席しました。(しんぶん赤旗 2019年10月29日)

消費税5%に戻そう 「生活はぎりぎり」 大分市

  • 2019.10.24 Thursday
  • 23:58

 日本共産党の、まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補は10月24日、大分市の党支部や後援会が開いた3ヵ所の集いに参加し、消費税、憲法、野党連合政権への道などについて参加者と語り合いました。

 

 参加者から「年金が下がり、ぎりぎりの生活だ。病院通いにでもなれば暮らしてゆけない」「ポイント還元というがホントに得なのか」「野党共闘はどうなっている」「憲法を守らない人たちが憲法を変えようとは許せん」などの疑問や意見が相次ぎました。

 

 消費税増税についてまじま氏は、共産党が5%減税を訴えて行動し、これを野党の共通政策にしようと頑張っていると強調しました。その上で「国民に希望を語り、希望に向かって力を合わせようと訴えているのが共産党です。力をあわせて野党連合政権への道を開こう」と呼びかけました。(しんぶん赤旗 2019年10月29日)

「赤旗」の魅力新た 「大運動」飛躍へ集う 福岡

  • 2019.10.19 Saturday
  • 23:55

 

 「第28回党大会成功をめざす党勢拡大大運動」の飛躍をめざし、日本共産党福岡県委員会は10月19日、福岡市内で269人が参加して学習・決起集会を開きました。

 

 「しんぶん赤旗」日曜版の山本豊彦編集長が「胸を張って日曜版を薦めるために」と題して講演。週刊紙で日本最大の80万部を誇る日曜版の魅力を語りました。

 

 芸能人など多彩な人が紙面に登場し、「どんな人でも続めるのが日曜版だ」とのべ、その最大の魅力を引き出すのは党議員団、党支部をはじめ読者だと訴えました。

 

 岡野県委員長が大運動成功に向け、自ら支部会議に参加し「討議すれば必ず対象者は出てくる」と訴え。全党員運動の第一歩として党員の1割が参加し、読者を増やす犹笋癸栄遙隠娃娃或優船礇譽鵐献磧辞瓩帆患聴が入党者を迎えようと呼びかけました。

 

 まじま省三衆院九州沖縄ブロック比例予定候補が大運動成功への決意を語りました。

 

 活動交流で8人が「支部が主役」のつどいの重要性や家族を含め大切な人と向き合って入党を訴える大切さなどを発言しました。

 

 参加者から、講演を聞いて「日曜版の新たな魅力を感じた」「もっと積極的にすすめていきたい」などの声が寄せられました。(しんぶん赤旗 2019年10月25日)

野党連合政権へ決意 全労連九州総会で真島氏

  • 2019.10.18 Friday
  • 23:59

 全労連九州ブロックの第30回定期総会が10月18日、佐賀市内で行われました。

 

 永尾実議長は先の参議院選挙で市民と野党の共闘がさらに前進したことを報告。全労連運動の継続と拡大を呼びかけました。

 

 総会では安倍政権を退陣に追い込み、戦争する国づくりをストップさせることなどを盛りこんだ2019年度の運動方針などを決めました。

 

 日本共産党のまじま省三衆院九州沖縄ブロック比例予定候補が来賓あいさつし、4年間の市民と野党の共闘を振り返り、「参院選で自公などに改憲発議に必要な議席を許さなかったことは野党共闘の成果です。野党の共通政策を充実させて野党連合政権で安倍政権を終わらせましょう」とのべました。(しんぶん赤旗 2019年10月22日)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM