党の魅力を広める つどいで最賃引き上げ訴え 沖縄で真島氏

  • 2018.06.21 Thursday
  • 23:59

 

 

 日本共産党の真島省三前衆院議員は6月20、21の両日、沖縄県に入り、青年を対象とした党を知る「つどい」などに参加しました。真島氏は、「科学的社会主義を基本に、社会のどこをどう直せば国民にとってもっと素晴らしい社会になるかを見定めているから、日本共産党はぶれずに頑張れる」と魅力を語り、入党を呼びかけました。

 

 20日の沖縄市内で開かれた青年のつどいでは、参加した若者らから沖縄の最低賃金が低いことなどの疑問や最賃引き上げの要望が出されました。

 

 真島氏は、最賃は全国一律で即座に時給1000円に引き上げるべきだと述べ、それが労働者や庶民の消費を促し、経済の活性化につながると説明。「現在の一部の大企業・経営者のための政治・経済路線から、国民全体のための路線に転換すること」を訴えました。

 

 1歳8カ月の息子と参加した女性(25)は、入党申込書を持ち帰りました。

 

 真島氏は2日間で、沖縄市、読谷村、八重瀬町の党議員や候補者と地域を回り、21日に那覇市内で開かれた党を知るつどいにも参加しました。(しんぶん赤旗 2018年6月23日)

“首相ダメじゃん″ アベ政治に終止符 天神総行動に100人超

  • 2018.06.19 Tuesday
  • 23:59

 

 福岡県総がかり実行委員会は6月19日、100人超が参加して福岡市で「アベ政治を終わらせよう!天神総行動」を行いました。

 

 市民団体の代表らが憲法9条の改悪をはじめ、働かせ方大改悪や森友・加計疑惑、原発再稼働、辺野古新基地建設などを批判しリレートーク。「カジノ法案、安倍ダメじゃん」のコールやヒーローショーで注目を集めました。

 

 青柳行信代表は「アベ政治によってこの国が滅ぼされようとすることに歯止めの道をかけよう」と呼びかけました。

 

 日本共産党の真島省三前衆院議員は「市民と野党の共闘こそが安倍政権を倒す希望だと国民の共有にしよう。皆さんの取り組みがその一歩になる」と訴えました。

 

 立憲民主党の山本剛正元衆院議員、社民党県連の村山弘行幹事長、ふくおか緑の党の荒木龍昇代表があいさつ。国民民主党の稲富修二衆院議員、野田国義参院議員(無所属)、民進党県連がメッセージを寄せました。

 

 宣伝に足を止めていた会社員の男性(30)は、「こんなデモが天神で起こるなんてすごいこと。報道からも安倍政権はひどいと感じる。今日、コールを聞いて、もう退陣してほしいと思うようになった」と語りました。(しんぶん赤旗 2018年6月22日)

日米共同訓練やめて “オスプレイに不安” 日出生台周辺の住民らが防衛局に要請 大分

  • 2018.06.14 Thursday
  • 23:59

 

 大分県内の労働組合、民主団体でつくる「日出生台(ひじゅうだい)での米軍演習に反対する大分県各界連絡会」と日本共産党大分県委員会は6月14日、九州防衛局(福岡市)を訪ね、10〜12月に九州で行われる陸上自衛隊と米海兵隊との共同訓練の中止などを小野寺五典防衛相宛てに申し入れました。

 

 

 日高幸男各界連事務局長、山下魁党県書記長、由布(ゆふ)市の住民ら7人が参加。真島省三前衆院議員が同行しました。

 

 共同訓練には沖縄の米軍普天間基地所属のMV22オスプレイの訓練移転が組み込まれ、訓練候補地の一つに米軍実弾射撃訓練が行われている日出生台演習場が挙げられていることから、大分県と演習場を抱える由布市、玖珠(くす)・九重(ここのえ)両町(4者協)が「これ以上の負担は受け入れられない」と反発しています。

 

 日高氏は、昨年8月の大分空港へのオスプレイ緊急着陸以降も米軍機事故が相次ぎ、県民に不安、不信感が広がっていると指摘。由布市の男性は「訓練内容や場所が直前まで分からないでは住民の不安は拭えない」と訴えました。

 

 九州防衛局は同演習場が候補地の一つであることを認めました。

 

 

 真島氏は「(共同訓練を日出生台で行わないよう求めた)4者協の要請は米軍に届いているのか」とただし、「把握できていない」との回答に、「国民の不安や思いを米側に伝え、回答を地元自治体に示すべきだ」と強く求めました。(しんぶん赤旗 2018年6月16日)

力合わせたたかい抜こう 政権打倒へ集会 真島氏が訴え 福岡・久留米

  • 2018.06.10 Sunday
  • 23:59

 

 「戦争法の廃止へ筑後地域でも意思表示を!(ちくご意思表示の会)」は6月10日、福岡県久留米市で「さよならアベさん久留米集会」を開きました。244人が参加し、集会とデモ行進で安倍政権打倒を訴えました。

 

 馬奈木昭雄代表世話人が「安倍首相のいう『美しい日本』と、今の私たちの日本との違いは国民主権ということ。声をあげたたかいぬくことが現憲法の力、私たちの力です。力合わせたたかい抜こう」と呼びかけました。

 

 京都造形芸術大学教授の寺脇研氏が、元文部官僚としての経験から公文書改ざん問題の重大性を強調。「政権に危機感を持つ人の数を増殖させることがなすべきことだ」と訴えました。

 

 

 日本共産党の真島省三前衆院議員は国会での野党の結束にふれ「市民と野党の新しい政権をつくるため全力をあげる」と訴えました。野田国義参院議員(無所属)が連帯あいさつ。立憲民主党の山内康一衆院議員がメッセージを寄せました。

 

 参加した男子大学生(24)は、「あきらめたら安倍さんの思うつぼ。できる範囲でできることを地道にしていくことが大事だ。同世代に自分の問題が世の中の問題につながっていると伝えていきたい」と語りました。(しんぶん赤旗 2018年6月12日)

 

九州北部豪雨 住まいの確保切実 真島氏ら被災地で聞き取り 福岡

  • 2018.06.08 Friday
  • 23:59

 

 九州北部豪雨の発生から間もなく1年を迎える福岡県朝倉市で、日本共産党の真島省三前衆院議員と山口りつ子県議は6月8日、豪雨で被害を受けた住まいの確保に向けた課題について市や住民と懇談しました。

 

 朝倉市役所では災害公営住宅の建設計画や被災者への意向調査について市の職員に尋ねました。80戸の建設計画に対し、92世帯から入居希望が寄せられており、「希望数が多く、国が定める(災害公営住宅建設戸数の)基準を上回っている」と話しました。一般の公営住宅同様の家賃が必要なことも明らかになり、真島氏は家賃を抑える熊本地震の被災自治体の取り組みにふれ「実態に応じて負担を軽減するなど国の仕組みを柔軟にしなければ」と話しました。

 

 住民との懇談では、集落全戸で長期避難世帯の指定を受ける予定の中村区長、疣目区長から聞き取り。両区長は土砂崩れなどの危険があり帰宅できない集落の現状や、低収入の高齢者が多いことから家賃などの負担増への不安があることを明かしました。

 

 真島氏は「今までの災害でも住民が声をあげ新しい支援策をつくってきた。災害は本人の責任ではなく、元の生活に近づけるよう国と行政が乗り出していかなければいけない」と励ましました。(しんぶん赤旗 2018年6月13日)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM