市民と野党共闘実現へ まつざき衆院鹿児島2区予定候補が決意

  • 2020.09.03 Thursday
  • 23:58

 

 日本共産党衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補で衆院鹿児島2区から重複立候補を予定する、まつざき真琴氏=党県副委員長で前県議=は9月3日、県庁で記者会見し、総選挙に向けた基本方針と政策、決意を明らかにしました。

 

 党県委員会の桂田成基書記長は「県内全選挙区で野党統一候補を擁立し、市民と野党の共闘を前進させるとともに、日本共産党の県内比例8万票、10%以上の得票をめざす。鹿児島県初の党国会議員を誕生させ、国民連合政府の実現に力を尽くす」と強調しました。

 

 まつざき予定候補は、「市民と野党の共闘を実現し、自・公政権からの転換を訴え、何よりも国民の命と暮らしが最優先される政治をめざして、国会に駆け上がりたい」と決意を語りました。

 

 党県委員会は基本政策として▽PCR検査の抜本強化、医療機関への減収補てん、暮らしと営業を守るための直接支援の強化▽消費税5%への減税▽少人数学級の実現、大学の授業料半額などの教育予算拡充▽原発ゼロ、川内原発20年延長運転と3号機増設の反対▽馬毛島への米軍FCLP(空母艦載機陸上離着陸訓練)移転反対▽ジェンダー平等、誰もが尊重される社会の実現を目指す――などを発表しました。(しんぶん赤旗 2020年9月4日)

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM