衆院予算委地方公聴会 鉄路復旧、政治の責任 田村貴昭議員が質問 熊本

  • 2020.02.14 Friday
  • 23:59

 2020年度予算案を審議している衆院予算委員会は2月14日、福島県郡山市と熊本市で地方公聴会を開きました。日本共産党の田村貴昭議員が熊本市で、高橋千鶴子議員が郡山市で質問に立ちました。

 

 熊本学園大学の坂本正シニア客員教授は冒頭、予算案が8年連続で過去最高額だとし、「防衛費の増額が続いている。国際的な環境を勘案しても増え過ぎているのではないか」と指摘しました。地域の経済活性化には公共交通の復活・整備がカギで、熊本ではバス事業者、県、熊本市がバス会社の共同経営に向け準備を進めていると紹介しました。

 

 熊本地震被災者を支援している熊本学園大学社会福祉学部の高林秀明教授は、民間賃貸住宅を借り上げた「みなし仮設住宅」の入居者に支援の手が届きにくいこと、みなし仮設退去後の継続的支援の必要性、生活環境の変化で心身が悪化し亡くなる震災関連死が直接死の4倍であること、医療費免除打ち切りの問題点を指摘しました。

 

 田村氏は、九州の事業者のなかで初めてJR九州が被災鉄道(日田彦山線)を復旧しないと表明したことに「被災した鉄道は政治の責任で事業者と一緒になって復旧すべきだ」と主張。坂本氏は「被災復旧の一環として政治がどういう復旧をするのか考え、予算編成を組むべきだ」と述べました。

 

 医療費免除制度について問う田村氏に対し高林氏は「東日本大震災で被災した岩手県は継続している。医療・命にかかわるものは継続していくべきだ」と述べました。(しんぶん赤旗 2020年2月15日)

 

共産党強く大きく 衆院候補先頭に野党共闘発展に全力/福岡市2ヵ所で田村氏が報告

  • 2020.02.12 Wednesday
  • 13:35

 

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は2月9日、福岡市中央区と南区の党後援会のつどいで国政報告をし「党議席を大きく伸ばして野党連合政権をつくり、希望のある社会を実現しよう」と訴えました。

 

 

 田村氏は、新型肺炎で長期間接岸できずにいるクルーズ船への支援や「桜を見る会」疑惑、IR・カジノ疑獄などを縦横に解説。大企業・富裕層に応分の負担を求める訴えのなかで2兆円の利益をだしたソフトバンクグループが500万円しか法人税を納めていないと紹介すると会場からどよめきが起きました。消費税の引き下げへ野党共闘を発展させる決意を語り「総選挙で与野党逆転、政治を転換する希望、展望を語ろう」と呼びかけました。

 

 中央区で松尾律子市議、南区で堀内徹夫市議が、市の国民健康保険料の引き上げや、自衛官募集のための名簿提供の問題を報告し高島宗一郎市長を批判しました。

 

 南区のつどいでは気候変動問題に取り組む青年らが登壇し意見交換をしました。参加した女性(50)は「福岡でも若者が声をあげていると知り心強く感じました。資本主義の問題に多くの人が気づいている。気候変動やジェンダーの問題をもっと勉強したい」と話しました。(しんぶん赤旗 2020年2月11日)

「桜」疑惑野党で追及 田村氏ら招きつどい 佐賀・唐津

  • 2020.02.11 Tuesday
  • 23:59

 

 佐賀県の日本共産党北部地区委員会は2月11日、田村貴昭衆院議員を招き、唐津市でつどいを開きました。約80人が参加しました。

 

 田村議員は「桜を見る会」疑惑について「税金が特定の人にだけ使われるのは民主主義の崩壊につながります。野党の追及チームも70人になり、今後も徹底して追及していかなければならない」と話しました。

 

 立憲民主党の大串博志衆院議員も駆けつけ、「桜を見る会やカジノ問題、そのすべてが政治の私物化です。野党共闘の力で安倍1強を打ち破らなければいけません」と話しました。

 

 玄海原発対策住民会議の会長、酒井幸盛市議(展望会)があいさつをしました。

 

 浦田関夫地区委員長は「今の安倍政権に対して国民からは厳しい声が出ています。その分、共産党への期待も大きい。野党と市民の共闘を前進させ、選挙で党も躍進することこそ市民の声に応えることになります」と訴えました。

 

 会場ではネーティブアメリカンの祈りの言葉にあわせたライブペイントや福引が行われました。

 

 市内から参加した58歳の女性は「安倍政権の問題点が表れ、野党共闘がいよいよ現実になってきたと感じました」と話しました。(しんぶん赤旗 2020年2月14日)

紙・田村氏が農林漁業全国団体と懇談 国政要望・課題聞く

  • 2020.02.06 Thursday
  • 23:59

 

 日本共産党の紙智子農林・漁民局長(参院議員)と田村貴昭衆院議員は5、6の両日、全国漁業協同組合連合会(全漁連)、全国森林組合連合会(全森連)、全日本開拓者連盟、全国農業会議所などを訪ね、第28回党大会決定を手渡し、説明しながら、農林水産分野で直面している課題や国政への要望などについて懇談しました。

 

 全漁連では、応対した三浦秀樹常務らが、気候変動などの影響でここ数年漁獲量が大幅に減少している魚種があることなどを説明。資源管理と漁業者の生活の両方を大事にしてほしいと述べ、福島原発事故の汚染水の海洋投棄には断固反対などと訴えました。

 

 全森連では、肱黒直次専務らが、木材流通・販売では、地域ごとの小さな流通・利用も可能になる林業を大事にしてほしいなどと述べました。

 

 全日本開拓者連盟の小原澤悦男事務局長は、新たな貿易協定の発効で畜産農家が将来に大きな不安を抱いていると指摘。離農する農家も出ており、政府は現場の声を踏まえた政策をと訴えました。

 

 全国農業会議所では柚木茂夫専務らが、大規模な担い手だけでは地域が維持できないと述べ、兼業農家や小規模農家もやっていける施策が必要だなどと話しました。

 紙、田村両議員は、引き続き現場の実態を把握し、国会論戦に反映させていきたいと応じました。(しんぶん赤旗 2020年2月7日)

馬毛島の自然守りたい 田村貴昭氏、市民らと懇談 鹿児島

  • 2020.02.03 Monday
  • 23:59

 

 米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)移転が狙われる鹿児島県・馬毛島(まげしま)がある西之表(にしのおもて)市で2月3日、日本共産党の田村貴昭衆院議員、まじま省三衆院九州・沖縄比例予定候補が現地調査し、八板俊輔市長や住民と意見交換しました。

 

 訓練移転をめぐり防衛省は、島の大半を所有する開発会社タストン・エアポートから、昨年12月20日時点で土地の63%を取得しています。

 

 馬毛島を調査した田村氏らは、手つかずの自然を確認。意見交換した八板市長は「馬毛島の活用についてFCLP以外のふさわしい活用の仕方があると考えている。馬毛島をどう活用したらいいのかを議論していきたい」と語りました。

 

 「馬毛島への米軍施設に反対する市民・団体連絡会」(会長・三宅公人医師)との意見交換には、幅広い市民や市議が参加しました。

 

 田村氏は防衛省資料を示し、政府が沖縄・普天間飛行場移設事業の予算を、国会審議なしに馬毛島の設計や取得に流用していると指摘。まじま氏は「反対する現場のみなさんと頑張る」と述べました。

 

 魚釣りで何度も島に渡っている男性(78)は「予算流用の話は許されない。反対の理由は大事な自然を守って残したいからです」と訴えました。

 

 平良行雄県議、中野英作党熊毛地区委員長らが同行しました。(しんぶん赤旗 2020年2月5日)

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM