参院選 激戦勝ち抜き政治を転換 雨の中、第一声に熱気 いせだ比例候補、しばた選挙区候補

  • 2016.06.22 Wednesday
  • 23:59

 

 日本共産党の、いせだ良子参院比例候補は参院選公示の6月22日、福岡市で、しばた雅子参院福岡選挙区候補とともに出発式を開き、博多駅前や繁華街・天神などで、降りしきる雨の中集まった支援者らを前に両候補そろって第一声をあげました。

 

 

 いせだ候補は「戦争法を強行し、憲法改悪を狙う自民、公明党を絶対に少数にしなければなりません。日本共産党が伸びれば戦争法廃止、新しい政治、新しい政府をつくる展望が見えてくる。市民の皆さんとともに全力で走り抜きます」と決意を語りました。

 

 改選数3を争う、しばた候補は「民意に背く安倍政権に審判を下し政治の仕組みを変えることで、国民が豊かさを感じる政治は必ずできます」とのべ、税や予算、働き方のチェンジを訴えました。

 

 真島省三、田村貴昭両衆院議員が応援。田村氏は、総選挙躍進の議席で早期の熊本地震救援や働くルール確立などで力を発揮したと強調。「日本共産党が伸びれば必ず政治が動いていく。何としてもこの2人を連れて国会に上がりたい」とのべ支援を訴えました。

 

 市民連合ふくおか共同代表の石村善治氏が両候補を激励しました。

 

 博多駅前に駆けつけた男性(32)は「貧困の問題や若い人への社会保障を改善してほしい。自分でも勉強して友人や家族に若者の境遇や政策を語っていきたい」と話しました。(しんぶん赤旗 2016年6月23日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM