西鉄大牟田線にホームドアを 署名1万人超す 利用者の会が追加提出 真島氏ら同席

  • 2017.07.31 Monday
  • 23:55

 

 「ホームドアを求める西鉄利用者の会」は7月31日、西日本鉄道大牟田線各駅に可動柵(ホームドア)設置を求める署名948人分を福岡市の西鉄本社に追加提出し、早期実現を訴えました。署名は前回分と合わせ1万446人分となりました。日本共産党の真島省三衆院議員、堀内徹夫市議、松尾りつ子衆院2区予定候補が同席しました。福岡(天神)駅にホームドアを2021年度をめどに整備するとの報道をうけ、参加者らは計画の進捗(しんちょく)を尋ねましたが、具体的な説明はありませんでした。参加者らは、計画の前倒しや点字ブロックの改善、誘導員の配置などを求めました。

 

 申し入れ後の参加者との懇談で、真島氏は、「駅は多くの人が利用する公共空間だが、規制緩和のもと多くの事業者が目先の利益に走り安全がないがしろにされている。どんな駅にするのか事業者と住民が意見を交換し反映させていく姿を福岡からつくっていこう」と呼びかけました。

 

 弱視者に分かりやすい色の点字ブロックヘの改善を求めた男性(68)は、「弱視者には白杖(はくじょう)を持たずつらい思いをしても抱え込む人が多い。困っていたら声がかかる土壌ができることで発達障害者など視覚障害者以外の人も受け入れられる社会になっていく」と語りました。(しんぶん赤旗 2017年8月2日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM