福岡県労連が大会 田村衆院議員があいさつ

  • 2017.08.06 Sunday
  • 23:59

 福岡県労働組合総連合は8日6日、第28回定期大会を開きました。日本共産党の田村貴昭衆院議員があいさつしました。

 

 参加者らは加盟労組の組合員も犠牲となった九州北部豪雨の犠牲者に黙とう。江口謙二議長はあいさつで、県は大型公共事業をやめ災害防止対策にまわすべきだと訴えました。江口氏は、「残業代ゼロ法案」を許さず、憲法改悪を狙う安倍政権に対し、「県労連が(運動の共同の)猊濾枌牒瓩箸覆辰憧萃イ蕕覆韻譴个覆蕕覆ぁ廚帆覆┐泙靴拭

 

 田村氏は、秋の国会を見据えて、安倍政権の憲法改悪の策動や「残業代ゼロ法案」の審議入りを許さない運動を呼びかけ、「本気で安倍おろしをやろう。解散・総選挙、野党共闘で暴走政治を一日も早く退場に追い込む」と決意をのべました。

 

 県弁護士会の甲斐田靖副会長が連帯のあいさつをしました。

 

 大会は「組織拡大強化3カ年計画」を採択。秋の「最低生計費調査」成功での全国一律最低賃金を求める運動の前進などの方針を決定しました。(しんぶん赤旗 2017年8月9日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM