九州沖縄いっせい宣伝 安倍政権を解散・総選挙に追い込もう 松岡比例予定候補が暴走政治批判

  • 2017.08.08 Tuesday
  • 23:55

 

 安倍政権を解散・総選挙に追い込んでいこうと8月8日、九州・沖縄8県の日本共産党は5回目の「いっせい宣伝行動」をしました。

 

 日本共産党の松岡勝衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補は、熊本市役所前で山本伸裕熊本県議らとともに訴えました。街頭宣伝には、通勤者らが立ち止まり耳を傾けたり、激励したりしました。

 

 松岡予定候補は、安倍政権が国政の私物化や、「共謀罪」法の強行など憲法をないがしろにする暴走を重ねていることを厳しく批判。「総選挙で怒りの審判を全国でくだそう」と訴えました。

 

 山本県議は、「憲法を壊し、世界の平和の流れに逆行する安倍政権を一刻も早く退陣に追い込もう。来る総選挙で被災地熊本の声を直接国会に届ける松岡候補を押し上げよう」と呼びかげました。

 

 宣伝に参加した61歳の男性党員は、八代、玉名、長洲と2市1町で続く中間選挙でも「『暴走政治に審判を』の声を広げたい」と話しました。

 

 宣伝には、那須円、山部洋史の両市議が参加しました。(しんぶん赤旗 2017年8月9日)

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM