水曜随想 「安倍退陣 決定的審判を」 参議院議員 仁比聡平

  • 2017.09.20 Wednesday
  • 23:58

 台風18号縦断の3連休開け。国会は、来週9月28日の臨時国会冒頭に衆院解散、10月10日公示22日投票の総選挙必至の大嵐です。安倍総理は、憲法に反して野党の臨時国会要求から逃げ回ったあげく、改造内閣の所信表明演説すらおこなわず、「とにかく解散」「逃げ切り延命」の構えですが、ここまで国会質問から逃げ回る人物は歴代総理にありません。いよいよ隘路(あいろ)に追い詰められているのです。

 

 4年前、「腕は折れても心は折れない」と議席奪還以来、私は安倍暴走と最前線でたたかい抜いてきました。それは一言でいうなら、格差拡大と戦争準備のクーデターであり、暴力による議会と民主主義の破壊とのたたかいでした。

 

 先の国会で、内心・プライバシーに踏み込み話し合いを処罰する「共謀罪」の正体を徹底的に明らかにした私たちの論戦と運動は、政府を追い詰めていました。にもかかわらず、総理の進退に関わる森友・加計疑惑には問答無用でふたをし、「共謀罪」だけはかつてない国会破壊で強行した自民・公明議員の大罪を思い起こそうではありませんか。その暴挙がいよいよ憲法9条そのものに及ぼうとしているのです。

 

 「私たちの声はもうどこにも届かないのか。強者になるか強者の『お友達』になることしか、声を届けるための選択肢はないのか」「それでもなお、声をあげることは誰かとつながることのできる希望であって欲しい」(28歳、「朝日」6月21日付)。こうした声がつながりあって、東京都議選で自民党歴史的大敗の審判を下しました。押さえ込んだ圧力釜のふたがはじけたように、「そんとくとそんたくだけの世の中だ」(「毎日」7月15日付)、「お友達誰を残して誰入れよう」(「東京」同日付)、「丁寧でなくていいから正直に」(「毎日」同26日付)といった川柳が一般紙に躍っています。

 

 この声に応え、ともに手をとりあって、本気の野党共闘のために誠実に頑張り抜く共産党の大躍進こそ、安倍政治を終わらせる決め手です。ご一緒に、安倍退陣の決定的審判を下そうではありませんか。(しんぶん赤旗 2017年9月20日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM