名護・ゲート前、稲嶺後援会事務所 志位委員長が激励

  • 2018.01.12 Friday
  • 23:58

 

 沖縄県名護市長選(28日告示、2月4日投票)で稲嶺ススム市長必勝のため同県入りした日本共産党の志位和夫委員長は1月12日、米軍新基地建設反対の座り込みが続く米海兵隊キャンプ・シュワブゲート前を赤嶺政賢衆院議員とともに訪れ、激励しました。

 

 基地内に石材などを運び込んだダンプトラックが工事用ゲートから次々と出てくる中、抗議する人たちと現場に立った志位氏。「勝つ方法はあきらめないこと。県民の皆さんがあきらめない限り、基地は絶対に造れない。名護市長選で稲嶺市長の3回目の勝利を必ず勝ち取ろうではありませんか」と呼びかけると、「よーし」の声と指笛が鳴り響きました。

 

 その後、志位氏は、「稲嶺ススム後援会」事務所と県統一連の事務所をそれぞれ訪問し、激励しました。「稲嶺ススム後援会」事務所では応対した渡具知武明後援会長らと「必ず勝ちましょう」と、がっちり握手を交わしました。(しんぶん赤旗 2018年1月13日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM