九州北部豪雨 種もみ発注できない 田村衆院議員に農家訴え

  • 2018.02.12 Monday
  • 23:59

 

 昨年7月の九州北部豪雨で被災した農地の早期復旧に向け、日本共産党の田村貴昭衆院議員は2月12日、みのう農民組合の協力で福岡県朝倉市の被災農家を訪ね、課題を聞きました。

 

 入地地区で田んぼやネギのビニールハウスに土砂が流れ込んだ男性(63)は、農機具への補助は軽トラックなどが対象にならないなど使い勝手が悪く、3年分の経営計画も求められるため、補助申請を諦めたと指摘。6月の田植えに向け、4月末までには復旧工事の終了が必要だとし、「種もみの注文は3月。工事が終了するかしないか、はっきりしないと注文できない」と訴えました。

 

 耕作していた杷木林田(はきはやしだ)地区の親戚の田んぼが被害を受けた男性(66)は、田に2メートル近く土砂がかぶさり、その上を、流路が変わった赤谷川が流れている現状を示し「5年前の豪雨の泥をやっとどけたばかりだった。今度は川になってしまっていて人の手だけではどうにもならない」と話しました。

 

 調査を終え、田村氏は「被災農家は田植えまでの展望が全然見いだせていない。一番重要な問題は土砂の撤去と置き場の確保だとよくわかった。6月の田植えまでに政治が全力を尽くさなければならず、国会で取り上げていく」と語りました。(しんぶん赤旗 2018年2月13日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM