「改ざん・隠ぺい徹底追及」 真島氏迎え支部つどい 熊本

  • 2018.04.09 Monday
  • 23:58

 

 熊本市の日本共産党田迎支部は4月9日、真島省三前衆院議員を同市南区に迎え、つどいを開きました。山本伸裕県議が県政について、益田牧子前市議は市政報告しました。

 

 真島氏は、安倍内閣のもとでの公文書改ざんや日報隠ぺい、裁量労働制のデータのねつ造に触れ、「ウソや隠しごとの横行は民主主義を破壊するものだ」と指摘。野党共闘を強めながら真相究明と徹底追及に全力を挙げたいと述べました。安倍首相が国民の信頼を失っても執念を燃やす憲法9条改憲については、「平和は外交の力で築くものだ」と強調し、3000万人署名の達成を呼びかけました。

 

 山本県議は、熊本地震からの復興で仮設住宅の延長希望者に条件をつけて「追い出し」を図る熊本県の姿勢を批判。「被災者に寄り添った支援を検討することこそ行政の真の在り方だ」と指摘し、「息の長い支援の充実を」と訴えました。

 

 つどいの参加は初めてだという73歳の女性は、「真島さんの話は国民目線に立ったもので、政治の爐瓦泙し瓩分かった。これからも『赤旗』を読んで政治のことを勉強したい」と話しました。(しんぶん赤旗 2018年4月11日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM