未来開く団結の要に 参院選・地方選躍進へ集い 仁比議員訴え 熊本

  • 2018.05.12 Saturday
  • 23:59

 

 日本共産党熊本市後援会は5月12日、仁比聡平参院議員を迎えて、来年の参院選と統一地方選での躍進に決意を固め合う集いを開きました。ますだ牧子県議予定候補、上野美恵子、那須円、山部洋史の3市議、森重伸市議予定候補がともに訴えました。220人が参加しました。

 

 後援会長が「力を結集して躍進の結果を残そう」とあいさつしました。

 

 

 仁比議員は、安倍暴走政権のもとでの、公文書改ざんや疑惑の隠ぺい、データ偽造などを批判。9条改憲阻止や野党共闘の発展とその要になる党国会議員団の役割を熱く語りました。熊本地震の復興などにもふれ、「平和な未来を開く運動を広げ、団結をつくる要になろう」と呼びかけました。

 

 ますだ候補は「躍進をして、市民の要求を一歩一歩前にすすめる力になろう」と訴えました。

 

 参加した男性(89)は、「憲法を変えてまで戦争できるようにするなど許せない」と語りました。77歳の女性は「安倍さんはとんでもないことを隠している。共産党の追及に期待したい」と話しました。集いの後、60代の女性が入党しました。(しんぶん赤旗 2018年5月15日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM