労組結集し緊急宣伝 福岡で労働弁護団

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 23:59

 

 九州労働弁護団は5月22日、北九州市で「働き方改革」法案強行採決阻止の緊急街頭宣伝をしました。

 

 約200人が参加し、会長の梶原恒夫弁護士が「労働法制を根本から破壊する『高度プロフェッショナル制度』の強行採決を絶対に許してはならない」と訴えました。

 

 ナショナルセンターの違いを超え、各労働組合の代表が連帯あいさつ。北九州地区労連の永冨雅生議長は、厚生労働省のデータねつ造にふれ「間違つた出発点に立った法案は直ちに撤回すべき」だと強調。ユニオン北九州の本村真委員長は、改悪阻止の全国キャラバン活動を紹介。「本当の働き方改革に向かって粘り強くたたかう」と語りました。

 

 日本共産党の田村貴昭、立憲民主党の山内康一、国民民主党の城井崇の各衆院議員、無所属の野田国義参院議員からメッセージが届きました。

 

 同日、福岡市のJR博多駅前では集会に呼応する緊急行動が県労連主催で行われ、約40人が声を上げました。日本共産党の真島省三前衆院議員があいさつ。立憲民主党などの国会議員からメッセージが寄せられました。(しんぶん赤旗 2018年5月24日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM