南島原市議選3日告示 願い実現の2議席を 真島氏が応援 長崎

  • 2018.06.01 Friday
  • 23:58

 

 真島省三前衆院議員は5月31日と6月1日の両日、3日告示の南島原市議選(10日投票)に、日本共産党から立候補する現職の小林ともなり、新人の近藤一宇(いちう)両予定候補の応援に入りました。

 

 31日は近藤氏と街頭演説や地元の北有馬町の集いで訴えました。

 

 

 真島氏は、安倍内閣のもとで次々に起こる隠ぺい、ねつ造、改ざん問題について、「なぜ、こうしたことが起こるのか」と問いかけ、「それは、やましいことがあるからです」とズバリ指摘。野党共闘の到達点を紹介。「安倍政治への怒りの審判を下し、野党共闘で政治を変える力を伸ばすために、党候補を市議会に押し上げてください」と訴えました。

 

 近藤氏は「市の予算の見直しや、基金を活用し、高すぎる国保税の引き下げや子育て応援など、市民の願いに応える市政を実現したい」と決意をのべました。

 

 

 1日、真島氏は小林氏と市内を遊説。小林氏はこれまでの日本共産党市議団の実績を紹介し、「市議選は定数2減の19議席を21人で争う少数激戦が予想されます。市民の願いを実現する日本共産党の2議席を今度もつくってください」と訴えました。(しんぶん赤旗 2018年6月2日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM