党前進へやりきろう 熊本党県委が真島氏招き活動者会議

  • 2018.06.03 Sunday
  • 23:58

 

 日本共産党熊本県委員会は6月3日、熊本県嘉島町で活動者会議を開きました。真島省三前衆院議員があいさつしました。参院選、統一地方選、中間選挙勝利に向け、山下芳生副委員長と仁比聡平参院議員を迎え開く7月1日の大演説会の成功を結節点に活動の前進・飛躍を起こそうと意志統一しました。

 

 真島氏は、国会での予算の組み替え動議の共同提出など野党の結束の強まりを紹介。参院選の比例850万票の獲得は暴走する自民、公明両党と補完勢力を過半数割れに追い込む意義ある目標だとして、「腹をくくって今の情勢が求める必要なことをやりきろう」と述べました。

 

 日高伸哉県委員長は、安倍政権の内政・外交での大破綻が浮き彫りになっているとして、「党を強く大きくするチャンスだ」と訴え、地域に打って出る活動など実践に踏み出して「前進・飛躍をかちとろう」と呼びかけました。

 

 経験交流では10人が発言。党天草地区委員会が5月に3人の党員を迎えた経験や共産党の熊本地震支援での活動に感動し、「自分も役にたちたいと入党した」などの報告がありました。(しんぶん赤旗 2018年6月5日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM