野党共闘と党躍進を 宮崎各地で真島氏迎え集い

  • 2018.06.06 Wednesday
  • 23:59

 

 日本共産党の真島省三前衆院議員は6月6日、宮崎県の延岡市、日向市、高鍋町で開かれた集いに参加し市民と野党の共闘と共産党の躍進で安倍政権を終わらせようと訴えました。

 

 高鍋町の集いで真島氏は「今の国会を見ていると(野党共闘追求で)『本当にみかえりは民主主義』だった」と語り、野党結束での安倍政権への追及や、野党共同の法案提出などを紹介。「最後は選挙で決着をつけよう。野党共闘も共産党も伸ばす選挙にするために共産党そのものを好きになっていただきたい」と述べました。

 

 中村末子町議は、高鍋町がキヤノン工場誘致で法外な金額の持ち出しをしていることを批判。一方、子ども医療費助成制度の拡充に喜びの声が寄せられていることなどを紹介しました。

 

 参加者から「なかなか介護の認定が受けられず、姉が大変な思いをしている」「本当に消費税が10%になるのか」との発言がありました。

 

 参加した男性(60)は「共産党のことが少し分かりました。森友・加計問題など早く解決してほしい」と語りました。(しんぶん赤旗 2018年6月10日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM