大阪北部地震 河川増水に不安の声 宮本、田村両衆院議員ら調査

  • 2018.06.22 Friday
  • 23:58

 

 大阪府北部を中心とした地震について、日本共産党の宮本岳志、田村貴昭両衆院議員は6月22日、宮原威府議、高槻市議団とともに、地震で被害を受けた淀川の堤防や高槻市の住宅、小学校の外壁などを調査しました。

 

 国交省近畿地方整備局淀川河川事務所によると、河川は淀川水系11カ所で亀裂など堤防の被災を確認し、補修を開始します。

現場を確認した宮本議員は「亀裂が入り、地元の住民は不安を感じている。水が増す出水期であり、万全を期してほしい」と話しました。

 

 高槻市の南平台ではのり面に亀裂が入り、市は崖崩れの危険があると、20世帯46人に避難勧告を出しました。崖の上にある住宅は土台に亀裂が入り、東北方向に3センチほどずれ落ちるなど被害が出ており、住民らは避難を余儀なくされています。

 

 住民から深刻な被害状況の説明を受けた田村議員は「擁壁の改修は桁違いにお金がかかる。熊本地震でもそうだった。個人の自己努力ではどうにもならず、行政の総力を挙げた支援制度をつくらなければならない」と話しました。

 

 小学4年の女児(9)が犠牲になった市立寿栄小のブロック塀の倒壊現場で献花し、黙とうしました。(しんぶん赤旗 2018年6月23日)

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM