土石流対策が必要 田村衆院議員ら調査 北九州

  • 2018.07.09 Monday
  • 11:18

 

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は7月7日、記録的な豪雨により土砂災害が発生した北九州市小倉北区の被災状況を調査しました。

 

 急傾斜地で土石流が発生した妙見町の住宅地では、水路や生活道路が崩壊し、複数の箇所で陥没による穴も確認されました。町内会長は「山の中腹には福岡県が管理する砂防ダムがある。これまで何度も側溝に詰まった土砂を取り除く工事を県に求めていたが、作業が進まなかった。対策を急いでいれば、これほどの被害は発生しなかったと思う」と困り果てた様子で訴えました。

 

 田村氏は「排水対策が間に合っていない状況が分かりました。予測できない雨量にも対応できるインフラ整備を求めていきたい」と対策に力を尽くすことを約束しました。

 

 霧ケ丘の住宅街では、土砂崩れにより自宅が損壊した被災者から要望を聞きました。

 

 同行した大石正信市議・同区県議予定候補は「のり面が膨らんでいて二次災害の危険がある。市に応急的な措置を求めたい」と話しました。

 

 

 真島省三前衆院議員は同日、福岡県桂川町と嘉麻市の災害現場を訪れました。(しんぶん赤旗 2018年7月9日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM