水曜随想 「誰もが世直しできる党」 前衆議院議員 真島省三

  • 2018.08.08 Wednesday
  • 10:09

 「党勢拡大特別月間」(6月11日〜9月末)も折り返し。私の自主的目標、党員100人に対して、8月6日現在加入(福岡11人、佐賀1人、大分2人、長崎4人、熊本2人、宮崎1人、鹿児島2人、沖縄3人)で、九州・沖縄全県で新しい党員を迎えました。新しい仲間が増えるときが、党員としては一番の喜びです。

 

 入党を訴えると、「応援するけど、入党までは…」と言われます。私は、「来年の参院選で与野党逆転を果たしたい。安倍政権を倒したい。野党連合政権に道を開きたい。そのために、比例代表で自己ベストの850万票を絶対獲得したい。しかし、いまの党の自力では足りません。応援はありがたいですが、どうか政治の綱引きに手を添えてください」と訴えています。

 

 また、「とてもみなさんのようにはできません」と言われることも。私は党規約第2条を紹介し、「日本共産党が世直しを願う方なら誰でもできる党になってこそ、国民のなかに広く根を張り、国民多数の世直しのための団結と連帯をすすめることができます。あなたができる党にならなければ、世直しはできないのです」と訴えています。

 

 2000年の第22回大会で「党規約」を大きく改定しました。「日本共産党は、日本の労働者階級の前衛政党であり…」で始まる前文を削除し、第2条に「日本共産党は、日本の労働者階級の党であると同時に、日本国民の党であり、民主主義、独立、平和、国民生活の向上、そして日本の進歩的未来のために努力しようとするすべての人びとにその門戸を開いている」と記しました。これは、日本共産党自身にとって大改革でした。

 

 当時の不破哲三委員長は大会報告で、「この規約改定案は、日本共産党と日本社会の関係が大きく変わったことに対応したものであります」と述べました。

 

 いま、日本共産党も参加する野党連合政権をつくろうという時代です。「しんぶん赤旗」日刊紙をご購読のすべてのみなさんに、心から入党を訴えます。(しんぶん赤旗 2018年8月8日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM