平和に背く政権打倒 九州・沖縄いっせい宣伝/子に渡せる政治に

  • 2018.08.20 Monday
  • 23:58

 

 日本共産党の真島省三前衆院議員は8月20日、宮崎市で行われた九州・沖縄いっせい宣伝で安倍政権を一刻も早く退陣に追い込もうと訴えました。

 

 真島氏は、米軍機事故への対応や辺野古新基地建設の強行、高度プロフェッショナル制度の強行などのアメリカいいなり、大企業優先のゆがんだ自民党政治を一刻も早く終わらせようと呼びかけました。「参院選で市民と野党で力を合わせて与野党逆転させたい。子や孫に憲法を大切にする政治、国民を大切にするまっとうな政治を手渡すために力を合わせて頑張ろう」と訴えました。

 

 前屋敷恵美県議、伊豆康久市議も訴えました。前屋敷氏は「憲法を守り国民が安心して暮らせる社会を実現するために参院選で市民と野党が共闘して政治を変えよう」と呼びかけました。通勤、通学中の市民が真剣に耳を傾けていました。

 

 

 田村貴昭衆院議員は20日、沖縄県北谷町で 宮里あゆみ町議と一緒に街頭宣伝。「沖縄いっせい地方選の先陣は9月2日投票の北谷町議選。宮里さんと新人の新垣ちあきさんの2議席を必ず」と支持を呼びかけました。 (しんぶん赤旗 2018年8月21日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM