沖縄統一地方選 勝利必ず/国保税下げに全力 赤嶺氏力こめ 八重瀬町

  • 2018.08.19 Sunday
  • 23:59

 沖縄統一地方選の八重瀬町議選(9月4日告示・9日投票、定数16)勝利を目指して8月19日、赤嶺政賢衆院議員を迎えた演説会が同町で開かれました。2議席確保を目指す神谷セ一(64)、神谷ノブオ(58)両予定候補=ともに現=が気迫の訴えをしました。

 

 セ一予定候補は「母から聞かされた戦争体験が平和運動の原点。戦争を繰り返させないために辺野古新基地を止める。冠水被害を出す河川の改修も住民の相談を受け、県とも連携して議会で追及し工事にめどが立った。住民の要求実現に頑張る」と強調しました。

 

 ノブオ予定候補は「辺野古新基地は平和を壊す税金の無駄遣い。議会で正々堂々と基地問題で反対できるのは共産党。命にかかわる国保税の引き上げに反対したのも共産党だけ。引き下げに全力を尽くし、農業発展や観光産業の振興に取り組みます」と力を込めました。

 

 赤嶺政賢衆院議員は「翁長雄志知事は日本の根本を変えようと頑張った。この遺志を継ぎ新基地反対で2人の力を大いに発揮し、住民の暮らしに役立つ町議会の先頭に」と激励。玉城武光県議は、党2議席の力で知事選の勝利につなげようと呼びかけました。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM