共産党、臨時国会など要求 衆参災害特が理事懇

  • 2018.09.11 Tuesday
  • 23:59

 衆参の災害対策特別委員会は9月11日、それぞれ理事懇談会を開き、北海道地震と台風21号の被害の状況と政府の対応について、内閣府などから報告をうけました。

 

 衆院側の理事懇では、田村貴昭議員が、すでに被災地から財政上の要望も出ていることにもふれながら、復旧・復興のための補正予算の編成と臨時国会の早期召集を求めました。

 

 また、田村氏は、被災地の応援職員について、緊急的にも、復旧・復興のそれぞれのステージにおいても、技術系の専門職員が望まれていると強調しました。

 

 参院では、紙智子議員が理事懇に出席し、被災者への迅速な対応と、北海道地震の被災地でのガソリンの供給体制の確保を要求。さらに、被災地への委員派遣と閉会中審査を行うよう求めました。(しんぶん赤旗 2018年9月12日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM