選挙勝利へ大分県赤旗まつり 大義掲げたたかおう 山下副委員長が訴え

  • 2018.10.28 Sunday
  • 23:59

 

 来年の統一地方選、参院選の連続勝利をめざし、日本共産党の山下芳生副委員長・参院議員を迎えて「第19回大分県赤旗まつり」が10月28日、大分市で開かれました。山下氏は、沖縄県知事選の勝利が市民と野党の共闘に大きな希望を与え、大義の旗を掲げれば、どんな強権もはね返すことができると教えてくれたと述べ「今度は私たちが沖縄のようにたたかおう」と呼びかけると、参加した1000人は大きな拍手で応えました。地方選をたたかう候補者が勢ぞろいし、代表して、つつみ栄三県議、えんど久子県議候補の両氏が力強く決意を表明しました。

 

 

 山下氏は、9条改憲、消費税10%増税、原発再稼働など安倍政治の一つひとつにはっきりとした対決軸、大義の旗を掲げる共産党の値打ちと、9条を生かした平和外交、消費税に頼らない政治変革の道筋を力説。「比例で仁比そうへいさんはじめ共産党の7議席以上獲得、選挙区で市民と野党の本気の共闘で1人区すべてで勝利し、与野党逆転をすれば安倍政治を終わらせることができる」と力を込めました。

 

 

 林田澄孝県委員長が「選挙勝利に向け交流し、決意を固め合おう」と主催者あいさつ。真島省三前衆院議員も激励に駆け付けました。(しんぶん赤旗 2018年10月29日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM