美ら海壊し 怒りの火に油 陸から海から抗議

  • 2018.12.14 Friday
  • 23:59

 「土砂投入を許さない」「海を埋め立てるな」―。沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設工事で政府が埋め立て土砂の投入を開始した12月14日、県民や全国から支援に集まった人たちが海と陸から怒りの声を上げました。

 

ゲート前

 

 米海兵隊キャンプ・シュワブのゲート前では明け方から抗議行動が始まり、最大で約600人が結集しました。

 

 

 「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」の高里鈴代共同代表は「沖縄県は国に対して工事を中止するよう行政指導した。これを『精査する』と言うなら工事を止めるべきだ」と力を込め、沖縄県統一連の瀬長和男事務局長は「国は日米合意を理由に法を逸脱して工事を進めている。土砂搬入を許さない決意をここで示し続けよう」と訴えました。

 

 午前11時すぎに土砂投入の第1報が入ると、参加者はスクラムを組み、「政府の横暴を許さない」とコール。「『辺野古』県民投票の会」の元山仁士郎代表(27)は「土砂投入の現場を目に焼き付けたいと思って来た。悔しい気持ちでいっぱいになった。沖縄の民意や日本の民主主義、私たちの人権とは何なのか、疑問に思わざるを得ない」と述べ、県民投票の成功を呼びかけました。

 

 県外からの土砂などを辺野古に搬出させない運動に取り組む「辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会」の阿部悦子共同代表は「埋め立て土砂の75%が本土から搬出される。県外からの土砂搬出を止めれば新基地は完成しない。運動を大きく広げ、埋め立てを断念させたい」と語りました。

 

海上

 

 「海を殺すな!」「作業をやめろ!」。作業台船から土砂が次々と陸揚げされていった海上では抗議船7隻、ボート1隻、カヌー49隻で抗議行動を行いました。

 

 

 抗議船船長で写真家の牧志治さんは「政府は基地建設の既成事実をつくって、県民のあきらめを期待しているのだろうが、県民は、粘り強くたたかう。今回の政府の措置は沖縄県民の怒りに油を注いだ。県民はあきらめない。県民はこの仕打ちをわすれない」と語りました

 

辺野古の浜

 

 午後1時。辺野古の浜で開かれた県民集会には1000人が結集しました。

 

 

 オール沖縄会議共同代表の稲嶺進前名護市長は、「沖縄に屈辱の日が新たに加わってしまった。土砂投入という政府の権力丸出しの暴挙を目の当たりにしてがまんできない」と怒りをあらわにしました。一方、「まだ後戻りできないという状況ではない」と述べ、「これ以上工事を進めるわけにはいかない。涙を引きずらないようがんばろう」と鼓舞しました。

 

 

 赤嶺政賢(日本共産党)、照屋寛徳(社民党)両衆院議員、糸数慶子(参院会派「沖縄の風」)、伊波洋一(同)両参院議員の「オール沖縄」の野党国会議員もそろって参加。赤嶺氏は、「土砂投入が失敗だった、誤算だったと政府に思わせるたたかいを玉城デニー知事と一緒に広げていこう」と呼びかけました。

 

キャンプ・シュワブゲート前行動参加者へ

デニー知事のメッセージ

 沖縄県の玉城デニー知事が14日、土砂投入に抗議するキャンプ・シュワブゲート前の行動参加者にむけて発表したメッセージ(全文)は次の通りです。

 

 本日、普天間飛行場代替施設建設事業に係る工事の現場で、土砂投入作業が始まりました。

 

 私は、昨日、菅官房長官及び岩屋防衛大臣と面談し、違法な土砂投入を行うことは決して容認できないことを伝え、土砂投入の中止を強く要求しました。

 

 それにもかかわらず、国が、このような県の要求を一顧だにすることなく、違法に土砂投入を強行したことに対し、激しい憤りを禁じ得ません。

 

 県民・国民の皆様には、このような国の在り方をしっかりと目に焼き付け、心に留めていただき、法治国家そして、国民に主権があるとする民主主義国家としてあるまじき行為を繰り返す国に対し、共に声を上げ、共に行動していただきたいと思います。

 

 国は、一刻も早く工事を進めて既成事実を積み重ね、県民をあきらめさせようと躍起になっていますが、このような行為は、逆に沖縄県民の強い反発を招き、工事を強行すればするほど、県民の怒りはますます燃え上がるということを認識すべきであります。

 

 現時点ではまだ埋立工事全体の一部がなされているにすぎず、また、工事の権限のない者によって違法に投入された土砂は、当然に原状回復されなければなりません。

 

 また、今回、土砂投入を強行するとしても、今後、軟弱地盤等への対応が必要であり、辺野古新基地建設の完成は見通せないものであります。

 

 私は、多くの県民の負託を受けた知事として、このゲート前にお集まりの県民・国民の皆様をはじめとして、県内また県外において行動する皆様、また、この問題の重さを受け止めている米国市民の皆様とともに、民主主義の力を信じ、毅然として行動する決意であります。

 

 グスーヨー、マキティーナイビランドー(「みなさん、負けてはなりませんよ」の意)

(しんぶん赤旗 2018年12月15日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM