原爆犠牲者追悼碑に献花 共産党議員ら 長崎・爆心地公園

  • 2019.08.08 Thursday
  • 23:59

 

 日本共産党の国会議員、九州各県の県議・市議らは8月8日、長崎市の爆心地公園で核兵器廃絶の決意を込め、原爆犠牲者追悼の碑に献花しました。

 

 献花したのは、田村貴昭衆院議員、仁比聡平前参院議員、真島省三前衆院議員、中山郁美・福岡市議、武藤明美・佐賀県議、堀江ひとみ・長崎県議、山部洋史・前熊本市議、平野文活・大分県別府市議、松崎真琴・前鹿児島県議ら。本村伸子衆院議員、山添拓参院議員が参加しました。

 

 

 献花を終え田村氏は、「唯一の被爆国として本気で核兵器をなくすというのなら、実効ある外交をするべき。その要となるのが核兵器禁止条約と日本国憲法だ」と力を込めました。

 

 仁比氏は「一年一年、被爆者のみなさんが次々と亡くなってい
かれることに胸が痛む思い。その思いに応えるものが核兵器禁止条約で、その力に確信を持ちこれからもたたかっていきたい」と決意を語りました。

 

 真島氏は「本土の野党共闘が沖縄のような共闘に発展してきている。長崎の野党共闘でも『禁止条約に参加する政府を』を共通政策にたたかわれた。この間発展してきたこの流れを、前に進めていかなければ」と話しました。(しんぶん赤旗 2019年8月10日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM