比例850万なんとしても 長崎・南部地区委が、まじま予定候補と集い

  • 2020.02.20 Thursday
  • 23:58

 長崎県の日本共産党南部地区委員会は2月20日、まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補とともに長崎市内で街頭宣伝し、3ヵ所で集いを開きました。

 

 19人が参加した本原支部主催の集いでは、中西あつのぶ市議が司会進行。まじま予定候補は、感染拡大を続ける新型肺炎をめぐっての安倍政権の対応を批判。「桜を見る会」疑惑や検事長定年延長問題にもふれ、次の総選挙では野党連合政権をと訴えました。

 

 「国会の中で共産党の議員は25人。それでも存在感はあるが、50人いれば多くのことができる」とのべ、「次の衆院選で850万票をなんとしても獲得したい」と力を込め、「ぜひ共産党に入ってほしい」と呼びかけました。

 

 参加者からは、「850万票に増やすというのは具体的にどうやっていくのか」など次々と質問があり、まじま予定候補が丁寧に答えました。

 

 「赤旗」日曜版読者の女性(83)は「『赤旗』はとても勉強になる。私はカトリックですが、聖者の教えは党の主張と一致するところがある」と語りました。

 

 まじま予定候補は長崎駅前など市内中心部2カ所で内田隆英市議とともに訴えました。(しんぶん赤旗 2020年2月22日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM