学校給食停止 農家・業者支援 農水相に要請

  • 2020.03.06 Friday
  • 23:59

 

農民連など

 

 農民運動全国連合会(農民連)、農民連ふるさとネットワーク、国民の食糧と健康を守る運動全国連絡会(全国食健連)は6日、全国一律休校の押し付けに伴う学校給食停止による農家・事業者の収入減対策などを求めて江藤拓農水相に要請しました。

 

 江藤氏は「休校が突然だったことは否めない。現場の声を広く聞いて、スピード感をもって対応したい」と答えました。

 

 農民連の笹渡義夫会長、全国食健連の舘野豊事務局長、ふるさとネットの湯川喜朗事務局長、全労連の野村幸裕事務局長、長野や山形の生産者らが参加。日本共産党の紙智子参院議員、田村貴昭衆院議員が同席しました。

 

 笹渡氏は「農家や業者の打撃も大きい。経営を守るきめ細かな対策をとってほしい」と強調。都内の80校以上にコメを納入している山形・庄内産直センターの小林隆範副理事長は、「キャンセルの電話が相次いでいる。学校給食に依存している業者も多い。このままでは生産者も生産を続けられなくなる」と訴えました。

 

 紙氏は、実態を踏まえた対策を取ってほしいと述べました。(しんぶん赤旗 2020年3月7日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM