国民本位の政権へ全力 田村議員が街頭演説 鹿児島

  • 2020.09.12 Saturday
  • 23:59

 

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は9月12日、鹿児島県薩摩川内市の川内駅前で、井上かつひろ市議、たいら行雄県議とともに街頭演説し、野党連合政権が実現するよう野党共闘を発展させ、総選挙で党躍進・新しい政権をと呼びかけました。また、10月18日告示、25日投開票の市議選での現有議席確保をと訴えました。

 

 田村議員は、「暴走に暴走を重ね、原発を再稼働し、格差と貧困を広げ、コロナ対策も頼りなかった安倍政権の政治を許さず、野党の新しい国民本位の政権をつくるために全力を尽くす」「総選挙で日本共産党の九州・沖縄での比例2議席以上の獲得に力を貸してほしい」と力を込めました。

 

 市議選で5期目に挑戦する井上市議は、「一貫して税金の無駄遣いに反対してきた。新型コロナ対策の強化や国保税、介護保険料、水道料金の引き下げに力を尽くす」と訴えました。

 

 たいら県議は、「九州電力川内原発停止の20年延長の是非が問われる大事な選挙。原発即時停止、廃炉の意思を突き付けよう。廃炉作業で地域経済の活性化を」と訴えました。(しんぶん赤旗 2020年9月15日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM