野党に政権を託して まじま氏らいっせい宣伝 宮崎

  • 2020.09.14 Monday
  • 23:59

 

 九州・沖縄8県の日本共産党は9月14日、いっせい宜伝を行い、まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補(福岡9区重複)は、松本隆宮崎3区予定候補とともに宮崎県都城市で訴えました。

 

 「コロナ危機乗り越えるために 自粛と一体の補償を」の横断幕を掲げ、畑中有子、森利恵両市議、後援会員ら16人は、通勤・通学する人たちにアピールしました。

 

 まじま氏は、日本は新型コロナウイルスの感染拡大防止のためのPCR検査の数が少なく、政府の努力が足りないと批判。共産党が野党共同で病院や介護施設、保育所、学校で働いている人たち定期的な無料検査を求めてきたと紹介しました。▽ケアに手厚い社会▽人間らしく働ける労働のルール▽一人ひとりの学びを保障する社会――をつくる党の提案を挙げ、「野党に政権を託してほしい。そうすればこれらの政策が全部実現できます。野党共闘を力強く発展させるために日本共産党の国会議員を増やしてほしい」と力を込めました。

 

 松本氏は「市民と野党の共闘で安倍政治を切り替えるために頑張る」と訴えました。

 

 自営業の女性(71)は「安倍首相はうそ、改ざんをしたい放題だった。共闘でぶれない共産党に頑張ってほしい」と話しました。(しんぶん赤旗 2020年9月15日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM