強権で基地強要許さぬ 赤嶺議員 菅首相を批判 那覇

  • 2020.09.19 Saturday
  • 23:47

 

 日本共産党の赤嶺政賢衆院議員(沖縄1区選出)は9月19日、那覇市内で党市議らと街頭宣伝しました。赤嶺氏は、同県名護市辺野古の米軍新基地建設に反対する「オール沖縄」と国政野党統一候補の次期総選挙での勝利、基地のない沖縄へ大きく前進する政治の実現のため、猛奮闘する決意を表明しました。

 

 赤嶺氏は菅義偉首相について、安倍前政権での官房長官時代に同新基地建設などの問題で「大変冷たい、強権的な政治を続けてきた。沖縄県民の米軍との苦難の歴史を学ぼうともしなかった」と指摘。「こういう政治を続けさせてはいけない」と演説しました。

 

 今後の国会論戦で引き続き、「新基地は軟弱地盤で建設することは不可能だと、追及していく構えだ」と強調しました。

 

 赤嶺氏は、沖縄の四つ全ての小選挙区で自身を含むオール沖縄の候補による勝利と、国政野党の統一候補が全国で自民や公明を上回る議席を確保するため、「全力で頑張る」と決意を述べました。

 

 新基地建設阻止や米軍普天間基地(同県宜野湾市)の早期閉鎖・撤去、「国民の福祉を守り、医療・社会保障を大切にする」政治への転換に向けて、支援を呼びかけました。(しんぶん赤旗 2020年9月20日)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM