山本地方創生担当相、辞任せよ 田村衆院議員が「学芸員発言」で迫る 地方創生特別委

  • 2017.04.21 Friday
  • 23:55

 

 山本幸三地方創生担当相が、博物館などで働く学芸員を「一番のがん」などと発言した問題で、日本共産党の田村貴昭議員は、衆院地方創生特別委員会で4月21日、「誤解の余地のない暴言。撤回すればすむ問題ではない」として辞任を求めました。

(質問動画はコチラ

 

 山本氏は16日、大津市で講演し、観光と地方創生に関する質問に答えて「一番のがんは学芸員だ。観光マインドがまったくない。一掃しなければだめだ」と発言。批判を受けて翌日、撤回しました。

 

 田村氏は、「学芸員」が博物館法に定められた資格で、資料の収集、保管、展示および調査研究その他のこれと関連する事業の専門的事項にあたるなどの任務をおっていることを強調。熊本県では、震災によって被害を受けた文化財や歴史的資料の修復・保存を行うため、「文化財レスキュー」事業に全国の学芸員のべ1000人がボランティアで参加していることを示しました。

 

 田村氏は「学芸員は貴重な文化財を後世に伝える重要な役割を果たしていると思わないか」と質問。山本氏は「ご指摘の通り」と答えたものの、「観光立国の観点から文化財を地域資源として活用することが重要。学芸員にも観光マインドを持ってほしい」などと繰り返し、認識を改めませんでした。

 

 田村氏は真摯(しんし)な反省は見られないと批判。「学芸員の名誉を傷つけ、がん患者に対する思慮を欠いた発言だ」として改めて辞任を求めました。(しんぶん赤旗 2017年4月22日)

有明海再生は農漁共存の道こそ 国策の失敗を認めよ 法務委で仁比参院議員

  • 2017.04.20 Thursday
  • 23:59

 日本共産党の仁比聡平議員は4月20日の参院法務委員会で、国営諫早湾干拓事業をめぐって、長崎地裁の潮受け堤防排水門の開門差し止め判決を取り上げ、「国が控訴せず、わざと負けるなど正義に反する」と指摘し、国は農漁共存の解決に向けて責任を果たすよう強く求めました。

(質問動画はコチラ

 

 仁比氏は、仮に判決が確定しても、福岡高裁で確定している国の開門義務は消えないと指摘したうえで、農水省が開門なしの和解を押し付けるために漁民や弁護団長を誹謗(ひぼう)する「想定問答」までつくって説得工作を行ったのは倫理に反すると厳しくただしました。法務省の定塚誠訟務局長は「答弁を差し控える」と繰り返しました。

 

 また、仁比氏は、開門しない一方で、政府が昨年度までに約500億円も投じてきた有明海再生事業について長崎を含む4県漁協が「実感できるような効果は確認できない」と、基金案と切り離して拡充を求める要請を政府・与党にしていると紹介。「国策の失敗を正面から認め、農漁共存の再生へ転換することこそあるべき方向だ」と述べ、農漁共存の事業の具体化を強く求めました。(しんぶん赤旗 2017年4月21日)

地方自治ないがしろ 参考人 沖縄新基地などに批判 衆院憲法審

  • 2017.04.20 Thursday
  • 23:58

 衆院憲法審査会は4月20日、地方自治について参考人質疑を行いました。

 

 沖縄大学の小林武客員教授は、地方自治に関する改憲は必要なく、「(憲法を)完全に実現する方策こそ政治に求められている」と強調。住民自治や人権の保障は「立憲主義の根本的立脚点だ」と陳述しました。

 

 小林氏は、地方自治を極端にゆがめているものの一つに、国による沖縄県名護市辺野古での米軍新基地建設の強行を挙げ、「(新基地反対の)民意を一顧だにしようとしないことは、地方自治をないがしろにするものだ」と批判。「防衛問題は国の専管事項という議論」について、「外交防衛に関しても地方自治体は、大いに発言することができ、またしなければならない。さらに進んで、政治決定に参加・参与しなければならない」と述べました。

 

 明治大学の大津浩教授は、「自民党改憲案」が地方自治の本旨を縮減させるとし、「世界の地方自治原理の発展に日本が先進的な寄与をすることに真っ向から反するので反対だ」と述べました。

 

(赤嶺議員の参考人質疑はコチラ

 

 日本共産党の赤嶺政賢議員は、憲法・地方自治の観点から辺野古新基地建設の強行をどうみるかと質問。小林氏は「日米安保条約と日米地位協定が沖縄の自治をゆがめている。県民の権利、人間の尊厳を守るという(憲法の)適用から排除されている」と指摘しました。東京大学の斎藤誠教授は、「国と沖縄県に対話を呼びかけた国・地方係争処理委員会の意見も一つの見識」だとして、「訴訟ですべてが解決するのではなく、政治の場で協議や対話を積み重ねることが重要だ」と語りました。(しんぶん赤旗 2017年4月21日)

沖縄・うるま市長選 山内スエコさんに期待 衆議院議員 赤嶺政賢

  • 2017.04.19 Wednesday
  • 16:45


 衆院安全保障委員会に属しておりますので、米軍基地問題はしょっちゅうとりあげるのですが、うるま市の若い女性が米軍属によって命を奪われた事件は、質問することもつらいものでした。

 

 質問にさきだって地元の伊盛幸子、金城加奈栄両市議の案内で現場を訪れました。近くには大型商業施設もあり、地元の人たちが普通にウオーキングをしている場所で起きた卑劣な事件であり、絶対に許せないし、こんなことは繰り返させないと誓いました。

 

 「再発防止」「綱紀粛正」ということばを繰り返すだけの政府に対し、私は、「あなた方は、日米地位協定を維持し、基地を提供し、事件、事故を二度と起こさないと言いながら何回も起こしている当事者ですよ。責任を持たぬといけない」と追及しました。

 

行動力と気配りの人

 

 今年1月に起きた伊計島に米軍ヘリが不時着したときも、地元議員や自治会長に案内してもらい国会で取り上げましたが、山内スエコさんは、私より早く、事故直後に現場に駆け付け、地元の皆さんから話をしっかり聞かれています。

 

 行動力が抜群で、そのうえ気配りがあり、思想信条を超えて交流を大事にするすばらしい政治家です。長く市政、県政で培われた経験を生かし、福祉・暮らし優先へ、若者就職難の解決、待機児童問題の解決に意欲を燃やし、女性や若者が安心して暮らせるうるま市にしたいと決意されています。

 

 こういう山内スエコさんが市長になられるよう私も力を尽くします。(しんぶん赤旗 2017年4月19日 )

基地建設へ見解覆す 岩礁破砕許可 政府の矛盾追及 衆院委で赤嶺氏

  • 2017.04.18 Tuesday
  • 23:59

 日本共産党の赤嶺政賢議員は4月18日の衆院安全保障委員会で、沖縄県名護市辺野古への米軍新基地建設について、政府が従来の見解を覆し、翁長雄志県知事の「岩礁破砕許可」を得ないまま工事を強行しようとしていることを批判しました。

(国会質問はコチラ

 

 埋め立て工事を行うためには、都道府県知事の「岩礁破砕許可」を得る必要がありますが、防衛省は水産庁の見解(3月14日付)を根拠に、昨年11月に名護漁協が漁業権の一部放棄を議決したとして、3月末に期限を迎えた同許可の更新を求めませんでした。

 

 赤嶺氏は水産庁が防衛省の照会に対し、漁協の決議等で漁業権は消滅し「岩礁破砕許可」を受ける必要はないとしたことについて、「これまでに同様の見解を示したことはあるか」と質問。水産庁は、「断定的に申し上げることはできない」と前例を示せませんでした。

 

 赤嶺氏は、1970年代に北海道の伊達火力発電所や大分県臼杵市のセメント工場の建設をめぐって、漁協が漁業権の変更・一部放棄を議決した後、知事に対して漁業権の変更を申請していた実例を示し、矛盾を追及しました。

 

 赤嶺氏は、水産庁が防衛省の照会に回答した日に、照会文書と回答文書を全国の都道府県に通知したことを指摘。水産庁の従来の見解や手続きと矛盾するため、「新たな見解として周知徹底したのではないか」と迫り、「米軍基地建設のためなら従来の見解を百八十度覆す安倍内閣のやり方は絶対に許されない」と強調しました。(しんぶん赤旗 2017年4月19日)

災害公営住宅 追加も 熊本地震 国交相「支援する」 参院委で仁比氏

  • 2017.04.18 Tuesday
  • 23:58

 日本共産党の仁比聡平議員は、4月18日の参院国土交通委員会で、熊本地震で被災した住宅の解体は済んでも、「地盤が心配」「基礎くい打ちに200万円かかる」などと再建の見通しが立たない被災者の悩みを示し、政府の支援を求めました。

(質問動画はコチラ

 

 国は、熊本県益城町の活断層や地盤を調査。その結果を住民に共有するよう求める仁比氏に、国交省の栗田卓也都市局長は「国が直接説明することも念頭に置いている」と、前向きに答弁しました。

 

 同県では、仮設住宅等に仮住まいする被災者が約4万8千人に上る一方、災害公営住宅の整備予定数が全県で1072戸にとどまっています。

 

 仁比氏は、被災者を「住宅確保要配慮者」として支援する改正住宅確保法(19日、全会一致で成立)に基づき、自治体が住宅供給促進計画をつくる際に「ニーズをきちんとつかむことが大事だ」と指摘。石井啓一国交相は「必要に応じて計画を追加するなどの対応が必要だ」と述べました。

 

 仁比氏は、家賃高騰のために仮住まいを出る見通しが立たない現状を踏まえ、民間の賃貸住宅を借り上げて災害公営住宅に活用するよう提案。石井国交相は「制度上、可能だ。国として支援していきたい」と答えました。(しんぶん赤旗 2017年4月20日)

住宅確保に空き家活用 参院委で可決 家賃補助求める声 仁比氏参考人質疑

  • 2017.04.18 Tuesday
  • 23:57

(仁比議員の参考人質疑はコチラ

 

 参院国土交通委員会は4月18日、住まいの確保が困難な人への支援策として、空き家等を活用する新制度をつくる住宅確保法改正案を全会一致で可決しました。

 

 新制度は主に、空き家等を、低所得者や高齢者、障害者、被災者など「住宅確保要配慮者」の「入居を拒まない」民間賃貸住宅として登録。自治体が要配慮者の円滑な入居を支援し、登録物件の家主へ家賃・改修費を補助するものです。

 

 採決に先立つ参考人質疑で、ホームレスについて調査・研究する「ARCH(アーチ)」の土肥真人東京工業大学准教授は、ホームレスの多くは月数万円の収入を得ており、住居費を支援すれば自立できるとして、家賃補助の重要性を強調。本法案に明記して予算を増やすよう訴えました。

 

 塩崎賢明(よしみつ)立命館大学特別招聘(しょうへい)教授は、公営住宅の役割と国の責任を改正案に位置付けるべきだと指摘。被災者の定義を「発災から3年」と限定すべきでないと主張しました。

 

 日本共産党の仁比聡平議員は、家賃負担が年金収入の77%に上る例を示し、家賃補助制度のあり方を質問。塩崎氏は「本来、借りる本人に支給すべきだ」と答えました。(しんぶん赤旗 2017年4月19日)

マイナンバー拡大で情報漏えいリスク高まる 田村衆院議員 

  • 2017.04.18 Tuesday
  • 23:56

 日本共産党の田村貴昭議員は4月18日の衆院総務委員会で、マイナンバー(個人番号)の利用拡大によって個人情報漏えいのリスクが高まるとして、問題を放置したまま制度の拡大をはかる政府の姿勢を批判しました。

(質問動画はコチラ

 

 政府は、マイナンバー情報を管理する地方公共団体情報システム機構がこれまでマイナンバーの生成のみに利用していた本人確認情報を新たな業務にも利用できるようにしようとしています。田村氏は「本人確認情報を機構の職員が扱う機会が増えるのだから、情報保全へのリスクも増える」とただしました。総務省の安田充自治行政局長は「(機構の業務拡大によって)リスクが大きくなるとは考えていない」としか答えませんでした。

 

 田村氏は政府がマイナンバーカードを図書館の貸し出し券などに活用する構想を打ち出していることについて、「マイナンバーカードを毎日持ち歩くことを前提にしている。(一方)個人番号は『他人に見せないように慎重に扱うべき』性質のもの。マイナンバーの活用拡大と個人情報の保護は相反する」とただしました。

 

 高市早苗総務相は「やみくもに番号を他人に見せることは好ましくない」などと答弁。田村氏は「マイナンバーの活用をすればするほど情報漏えいのリスクが高まり、多額の負担が自治体にも国民にも強いられる」と指摘しました。(しんぶん赤旗 2017年4月19日)

「共謀罪」廃案へ全力 北九州市で田村貴昭議員が街頭演説

  • 2017.04.17 Monday
  • 13:00

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は4月15日、北九州市の小倉北区、南区、門司区を回り、計9カ所で街角演説をしました。国会後半戦の大きな焦点になっている「共謀罪」法案の廃案や「森友学園」の安倍首相夫人の証人喚問の実現などに奮闘すると力を込めました。

 

 各地の街頭で、車からクラクションを鳴らしたり、通行人が手を振ったりしての激励がありました。

 

 小倉南区で演説を聞いた男性(76)は「国民の声を無視して数を力に安倍政権が暴走政治を進めていることに腹立たしい思いをしている。共謀罪は戦前の治安維持法そのもので、廃案にしなくてはならない」と語りました。(しんぶん赤旗 2017年4月16日)

水俣病問題解決に力 宮下市議候補を仁比参院議員応援 熊本・上天草市議選

  • 2017.04.16 Sunday
  • 23:59

 

 日本共産党の仁比聡平参院議員は4月16日告示(23日投票)された熊本県上天草市議選の宮下しょう子候補=現=の応援に駆けつけました。住民の暮らしを守り、水俣病問題の解決に力をつくす共産党の議席の役割を語り、「支持を広げ、何としても押し上げてください」と訴えました。

 

 仁比議員は、宮下候補が住民の苦しむ声を聞き、「代弁者として行政を大きく動かしてきた」と紹介。上天草でも「住民が政治の主人公としての民主的な政治に変えていく時代を切り開くため、宮下さんに願いを託してください」と呼びかけました。

 

 宮下候補は、高すぎる水道料金や国保税を引き下げてほしいと求める住民のためにも、要求実現を「次の議会で、やり遂げさせてください」と決意を述べました。

 

 出発式後の街頭演説には、松岡勝衆院九州・沖縄ブロック比例候補が加わり、それぞれ支持を呼びかけました。(しんぶん赤旗 2017年4月18日)

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM