長崎大ウイルス施設設置計画 「非常に不安」と真島議員に住民

  • 2017.04.02 Sunday
  • 23:59

 

現地調査し懇談 「引き続き追及」

 長崎大学が最も危険なウイルスを扱うバイオセーフティレベル4(BSL−4)施設を長崎市内の住宅街に設置しようとしている問題で4月2日、日本共産党の真島省三衆院議員は現地調査を行い、関係住民と懇談しました。

 

 この施設をめぐっては、地元自治会や住民が反対運動を繰り広げており、3月28日には施設設置の中止を求めて決起集会が開かれています。

 

 真島議員は同大学医学部キャンパス(同市坂本1丁目)で稼働中のBSL−3施設やBSL−4施設建設予定地などを視察しました。建設予定地は住宅街から一番近いところで5メートルほどしか離れておらず、案内した関係住民らは「エボラウイルスは空気感染するものもある。少量のエボラウイルスが爆発的な感染を引き起こすとの研究もあり、非常に不安」と語りました。

 

 地元住民との懇談では「すぐそばに保育園や小学校がある場所につくる意図が理解できない」「大学は安全性の面で最悪の事態を全く想定していない。まさに『安全神話』だ」などの声が上がりました。

 

 真島議員は「現地を見て住民のみなさんの不安な思いが実感できた。BSL−4は高い安全性が求められ、住宅街に設置するべきものではない。引き続き国会で追及していきたい」と述べました。(しんぶん赤旗 2017年4月7日)

 

原賠機構法改定案 審議入り 東電救済の一方で際限ない国民負担 衆院本会議で真島議員が代表質問

  • 2017.03.30 Thursday
  • 23:59

 衆院本会議で3月30日、原子力損害賠償・廃炉等支援機構法改定案が審議入りしました。東京電力福島第1原発事故をめぐり、世耕弘成経産相のもとに設置された東電改革委員会が昨年末、事故処理費用を21・5兆円と試算。同法案は、この費用の確保を口実に東電への支援策を追加するものとなっています。

 

 日本共産党の真島省三議員は、機構法の枠組みのもとでこれまで加害者である東電は救済される一方、被害者が切り捨てられてきたと指摘。改定案は国民に青天井の負担を強いるものでしかないと批判しました。 (質問動画はコチラ

 

 事故処理費のうち廃炉費8兆円の試算根拠について、経産省も機構も「有識者の試算であり自らは評価していない」などと無責任な姿勢を示していることを批判。汚染水対策などで費用が膨らむ可能性をただすと、世耕氏は「現時点で上振れは想定していない」としながら、「追加すべきものは追加する」と述べ、試算の枠内に納まらない可能性を認めました。

 

 さらに真島氏は、同委員会の提言が、廃炉費や、過酷事故は起こらないという「安全神話」をふりまき備えてこなかった賠償費の“過去分”まで電気料金に上乗せしようとしていることは「原発推進の責任を国民に転嫁する不当請求だ」と批判しました。

 

 真島氏は、原発が究極の高コスト電源であり、「再稼働路線は完全に破たんしている」と強調。省エネルギー・再生可能エネルギー中心の「原発ゼロの日本」への転換を求めました。(しんぶん赤旗 2017年3月31日)

鹿児島・日置市で党演説会 真島議員「党躍進を」 山口候補ら発言

  • 2017.03.25 Saturday
  • 23:59

 

 鹿児島県の薩摩西部地区委員会は3月25日、日置市で5月14日告示(21日投票)される市議選で3期目に挑む山口はつみ候補の必勝をめざし、真島省三衆院議員を迎えて演説会を開きました。

 

 真島氏は、国会でも森友問題の真相解明に野党が連携して取り組んでいるとのべ、「野党と市民の共闘を前進させ、安倍政権を退陣させるためにも市議選での日本共産党の躍進を」と訴えました。

 

 山口候補は、市が財政の厳しい中、新たに6億円かけてサッカー場を建設する計画を進める一方、「市民は国保税を払いたくても高すぎて払えず、国保世帯の20・4%が滞納している」と指摘。「引き続き国保税の引き下げや、子ども医療費助成制度の充実など市民の願いを市政に届け、負担軽減に全力を尽くす」と訴えました。

 

 山口はるき衆院3区候補が「市民と野党の共闘で安倍内閣を追い詰め、新しい政治を切り開こう」と呼びかけました。後援会長の下池和義さんは「市民の声を市政に届ける議席を守りぬこう」と訴えました。(しんぶん赤旗 2017年3月28日)

清潔市政へ党議席を 「語る会」で真島衆院議員 福岡・豊前市議補選 来月9日告示

  • 2017.03.20 Monday
  • 23:59

 

 4月9日告示、同16日投票で市議補選(定数1)が行われる福岡県豊前市で3月20日、日本共産党の真島省三衆院議員を迎えて「国政・市政を語る会」(主催=党豊前支部)が開かれ、80人が参加しました。

 

 真島議員は、「森友学園」などの問題や都議会での党の奮闘を報告し、「豊前市では消防本部の1億円使途不明金問題の全容解明が求められているなか、党の議席がどうしても必要だ」と強調。「子どもや孫に平和で民主的な国を手渡したいとの願いを、党派や立場の違いを超えて、村上かつじ候補に寄せてほしい」と訴えました。

 

 村上候補は「市政の監視役として、議会のチェック機能を高め市民の声が届く清潔な市政、市議会をめざす」と決意を表明しました。

 

 山下とみ子・党京築地区委員長(衆院福岡11区候補)、宮田精一元市議が党の値打ちなどを紹介しました。

 

 参加した女性(81)は「一騎打ちの様相で、しがらみを超えて誰にも気軽に声をかけ、村上候補を何としても送り出したい」と話しました。(しんぶん赤旗 2017年3月22日)

 

諫早市議選 くらし優先へ2議席を 真島衆院議員駆けつけ訴え 長崎

  • 2017.03.19 Sunday
  • 23:59

 長崎県諫早市議選拳(定数30)が告示された3月19日、真島省三衆院議員は議席確保を目指す中野太陽(現)、西田京子(現)両候補それぞれの第一声に駆けつけ訴えました。

 

 真島議員は、森友学園問題について「政治の闇を徹底的に正していく」と述べ、安倍政権が安保法制の実績づくりのために南スーダンへ自衛隊員を派兵したと厳しく批判。子ども医療費助成の拡充を市民とともに繰り返し訴え実現した市議団の実績を紹介しました。「国政では総選挙に向げて野党共闘で頑張る流れをすすめている。その流れを広げていくためにも中野・西田両候補の2議席を必ず」と訴えました。

 

 中野候補は「公共事業を見直し、くらし・命を最優先する諫早市議会に。ぜひ押し上げてください」と力を込め、西田候補は「長崎新幹線より高齢者のタクシー券を実現し、市民が希望を持って安心して暮らせる諫早市に」と訴えました。(しんぶん赤旗 2017年3月21日)

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM