水曜随想 「監視社会NO広げよう」 参議院議員 仁比聡平

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 17:00

 森友学園疑惑、南スーダン「戦闘」の組織的隠蔽(いんペい)。国民の真相究明要求に追い詰められる安倍政権は3月21日、共謀罪法案を閣議決定し、提出した。「毒を食らわば皿まで」の暴走を国民が通すと思ったら大間違いである。

 

 総理を先頭に「テロ等準備罪であって共謀罪とは全く異なる」とか「東京オリンピックを開催できないと言っても過言でない」と強弁してきた政府が2月末、与党に示した原案には案の定、「テロ」の一言もなかった。「話し合ったら罪」にされてしまうのは、テロ組織に限った話ではなく、2人以上なら、その場の目配せでも、まぼたきでも、合意(共謀・計画)は成立するし、市民運動や労働組合も例外ではないからである。

 

 慌てた与党から、「これまでの答弁と整合がつかない」とか「支持者の納得が得られない」などと次々不満が噴き出し、政府は「テロリズム集団その他の」と書き込んだというのだが。「その他の」というのはテロリズム集団以外が広く対象になる、ということ。だいたい原案に書き込めなかった文言をそんな簡単に書き込めるというのは「入れても意味は変わらない」と自白したような話ではないか。

 

 金田法務大臣は、私の質問に2度、3度、詰まりながら「計画」、つまり話し合いを罪にするのだと認めた。れっきとした共謀罪である。そうとなれば、警察が嫌疑をかけるのは「何が話し合われているか」になるではないか。「実行準備行為を伴って初めて処罰する」というから「下見と花見や散歩をどう区別するのか」と聞いたら、「犯罪のために散歩しているのか花見しているのか、そうではなくてその下見のために歩いているのか、そういうところの違い 」という。外から見れば日常生活。見回りの警官が「散歩の目的は犯罪ではないか」と疑ってかかり「ちょっと」と職務質問、「ポケット出して」と所持品検査。まして、デモや集会を規制する公安警察の目はらんらん。

 

 そんな監視社会はごめんである。森友もろともNOの声をひろげよう。(しんぶん赤旗 2017年3月22日)

水曜随想 「まだ飛んでます」と追及 衆議院議員 赤嶺政賢

  • 2017.03.08 Wednesday
  • 23:59

 沖縄県東村高江の安次嶺雪音さんは、オスプレイ着陸帯N4地区から、400メートルのところに家族といっしょに住んでいる。自宅の真上をオスプレイがなんどもなんども旋回飛行をする。雪音さんは、たまりかねて、米軍機が飛ぶたびに、東村に抗議のメールを送っている。そのメールを国会でよみあげて外務大臣の責任を追及した。その一部は以下のとおりだ。

 

 

 1月30日 おはようございます!今もオスプレイがわが家の上空を飛び始めました。対応よろしくお願いします。

 

 2月1日 今日も今オスプレイが飛んでいます。対応お願いします。

 

 2月2日 ここのところ、ほぼ毎日のように、ヘリやオスプレイが飛んでいます。今日は2機がぐるぐるグルグル飛び回っています。毎回対応をお願いしますと訴えていますが、対応はしていただけていますか?6箇所のヘリパッドが全て使われ始めたらと考えただげでも、恐ろしいです。

 

 2月8日 20時24分ですが、オスプレイが飛び始めました。

 

 2月15日 今21時22分ですが、まだ飛んでます。毎日ですよ。あまりにも酷(ひど)過ぎます。強く抗議してください。この状況は異常です。私達家族はどうしたらいいのですか?

 

 外務大臣は、「米側は住民の平穏な生活のために妥当な考慮を払う。米軍に申し入れる」と答えた。雪音さんのメールは3月に入っても続いている。一つだけ紹介する。

 

 2月28日 おはようございます。昨夜体調が悪く、18時30分ごろには寝ていたのですが19時ごろからまたわが家の上空を21時ごろまで飛び始め、寝付けませんでした。ひどいです。窓ガラスも家も揺れました。土曜日も夕方飛んでいました。何度防衛局に申し入れても変わらないですよね。高江のヘリパッドの使用禁止と即時撤去を求めてください。(私は今の家が大好きです。これから先もここで普通に平和に暮らしたいです。)

 

 日本政府には米軍に約束を守らせる力も意思もない。高江のたたかいはおわっていない。オスプレイ着陸帯の撤去をもとめる県民規模の大闘争への発展めざして、安保の壁を打ち破る国会論戦に挑みたい。(しんぶん赤旗 2017年3月8日)

水曜随想 「連続追及が政治動かす」 衆議院議員 真島省三

  • 2017.03.01 Wednesday
  • 10:19

 厚労省は「残業時間限度基準」を大臣告示で月45時間、年360時間などとしながら、一方で原発の定期検査業務は「公益事業」だと「適用除外」にしてきた。さらに、政府は2013年11月の「労働基準局長通達」で、再稼働審査業務も残業規制の適用除外に加えた。

 

 私は2月6日の質問で原発の「公益性」は福島の事故で崩れているとただした。

 

 「集中的な作業が必要」というが、「審査業務には期限がない」(原子力規制委員長)。私の追及に労働基準局長は、「通達は九州電力の要望を踏まえて出した」ことを認め、厚労大臣は「急ぐのは事業者の問題だ」と答弁。結局、「一日も早い再稼働を目指す」(九電社長)という電力会社の要望に応え、政府が青天井の残業にお墨付きを与えたのだということが明らかになった。

 

 質問の中で私は、日本共産党の聞き取り調査をもとに、九電や四電で適用除外期間が終了した後も限度基準を超えた長時間残業が横行していることも告発した。「厚労省が電力会社の望み通りに適用除外にしてきたことが、電力会社のモラルハザードを生み出している」と、調査と指導を求めた。

 

 塩崎厚労相は「新規制基準への適合性審査の業務が終了した場合は適用除外の措置は終了する。それを破っていれば当然指導しなければいけない」と答弁した。

 

 そして2月27日、高橋千鶴子衆院議員の質問に、塩崎厚労相は、電力会社の原発再稼働審査業務を残業時間規制「適用除外」とする通達を「3月末で廃止する」と表明した。高橋千鶴子(衆)⇒倉林明子(参)⇒真島省三(衆)⇒高橋千鶴子(衆)という日本共産党の連続追及が政治を動かした。(しんぶん赤旗 2017年3月1日)

野党共闘を前に進める 参院議員 仁比聡平

  • 2017.01.07 Saturday
  • 23:58

 

 元旦、恒例の小倉八坂神社の初詣へのごあいさつにたち、「今年は政治を変える年」と決意を新たにしました。

 

 トランプ現象は世界と日本が大きな転換点にあることを教えています。大きな視野と党派を超えての徹底した議論が現代の政治家の責任です。たれもが等しく人間らしい暮らしと自由を享受できる社会のために、民主主義の力が問われています。

 

 ところが全く逆さまを向いて、戦争法強行でたがが外れた安倍総理の号令一下、ひとりよがりに「この道しかない」「米国に代わって先頭に立つときが来た」と暴走し、国会を国会でなくしてしまう安倍政権。かじ取りは任せられません。

 

 日本共産党は、もっともっと力をつけて、野党共闘を前に進め、国民の皆さんとともに対決に勝ち抜けるよう頑張ります。

 

 国民こそ主人公。政治は変えられる。北九州、大分、倉敷、今治各市議選をはじめ中間選挙全員完勝、総選挙躍進。決戦の2017年。どうぞよろしくお願いいたします。(しんぶん赤旗 2017年1月7日)

 

野党共闘実現へ決意 田村貴昭衆院議員(衆院九州・沖縄比例 福岡10区重複予定候補)

  • 2017.01.06 Friday
  • 23:58

 

 人々の目があたたかい。街頭宣伝をしていると、最近特に感じます。平和と暮らしを守り、暴走政治と対決。日本共産党への期待は、野党共闘の提唱と実践でいっそう高まっています。

 

 今年は総選挙の可能性も高いでしょう。相互支援の共闘を実らせ、安倍政権退場のたたかいの先頭にたちます。

 

 多くの自治体が人口減と財政難に直面。国会質問で東京圏一極集中をただし、地域活性化へ提案をどんどんやらねば。熊本地震対策を抜本強化し、一部損壊への支援をなんとしてでも。そんな思いでいっぱいです。

 

 北九州市議選をはじめ地方選も目白押し。そして歴史的党大会も。年明けから猛ダッシュです。ご支援をよろしくお願いします。(しんぶん赤旗 2017年1月6日)

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM