強大な党建設めざす 党大分県委が県党会議

  • 2019.01.27 Sunday
  • 23:59

 

 日本共産党大分県委員会は1月27日、第75回県党会議を開き、安倍政権打倒に向け、統一地方選、参院選の連続勝利と強大な党建設をめざす意思統一をしました。林田澄孝委員長は「日本の命運を分ける連続選挙になる」と強調。共闘を進める市民と県内野党の代表が来賓あいさつしました。

 

 立憲民主党県連の増原寛幹事長代理は「打倒安倍政権で力をあわせよう」との横光克彦代表のメッセージを紹介。自由党県連のスカルリーパー・エイジ代表(大分市議)は「県内では野党共闘に向け一歩ずつ踏み出している」と強調しました。社民党県連合の久原和弘代表が「野党共闘構築に労を惜しまない」とのメッセージを寄せ、市民団体「平和をめざすオールおおいた」の神戸輝夫共同代表が「候補者一本化を必ず」と訴えました。

 

 党会議に駆けつけた真島省三前衆院議員は、本気の野党共闘と日本共産党の躍進で安倍政治を終わりにする年にしようと力を込めました。(しんぶん赤旗 2018年1月30日)

地方から安倍政治ノーを 大分で真島氏が訴え

  • 2019.01.26 Saturday
  • 23:59

 

 日本共産党の真島省三前衆院議員は1月25、26の両日、市議選がたたかわれる大分県の豊後高田、宇佐両市内を駆けめぐり、街頭や集いで訴えました。

 

 宇佐市で開かれた「新春の集い」で真島氏は、「地方自治体が安倍政治の下請け機関になるのか、それとも暮らし・福祉を守る責任を果たすのか問われている」とのべ、住民の暮らしを守り頑張る党議席の値打ちを強調。ウソ・ごまかしに暴走する安倍政治を批判し、「政権の命運は野党共闘と共産党の躍進にかかっている。安倍政治を終わらせるため統一地方選、参院選に勝利し、地方からノーの審判を下していこう」と呼びかけました。

 

 統一地方選・宇佐市議選(定数23、1減)で5期目をめざす今石やすよ予定候補=現=が「国の悪政から暮らしを守る防波堤になる」と力強く決意を表明。勇退する用松律夫市議が「引き続き2議席を」と新人候補への支援を訴えました。(しんぶん赤旗 2019年1月29日)

 

原発ゼロの社会訴え 真島氏ら市内6ヵ所回る 鹿児島

  • 2019.01.23 Wednesday
  • 23:59

 

 日本共産党の真島省三前衆院議員は1月23日、鹿児島市入りし、まつざき真琴県議・参院選挙区予定候補と、たいらゆきお県議予定候補(鹿児島市・郡区)とともに、市内6ヵ所で街頭演説しました。

 

 真島氏は、九州電力が原発の安全対策に1兆円をかける一方、再生可能エネルギーの出力制御を繰り返していることを厳しく批判。「止めるべきなのは原発。原発ゼロ、再エネ中心の社会への願いを統一地方選、参院選で日本共産党に託してほしい」と力を込めました。

 

 まつざき氏は馬毛島(西之表市)に米軍訓練移転が狙われている問題で、「住民の大きな反対の声を無視して進めるなど許されない」「鹿児島を米軍訓練の拠点とさせないためにも、憲法9条を守り抜こう」と訴えました。

 

 たいら氏は高すぎる国保税の大幅な引き下げと、子ども医療費の所得制限なしの窓口無料化を実現し、「誰もが安心して医療介護が受けられる鹿児島をつくりたい」と訴えました。

 

 各地で拍手や声援が送られました。(しんぶん赤旗 2019年1月26日)

3市議なんとしても 真島氏迎え新春の集い 大分・中津

  • 2019.01.20 Sunday
  • 23:59

 

 統一地方選、参院選の連続勝利をめざして大分県の日本共産党中津市委員会は1月20日、真島省三前衆院議員を迎えて新春の集いを開きました。真島氏は「安倍政治サヨナラの審判を中津から下していこう」と呼びかけ、市議選(定数24、2減)をたたかう、あらきひろ子、川内やちよ、三上ひでのり=ともに現=の3候補が力強く決意を述べました。

 

 真島氏は「暮らしが大変な時、上げなければならないのは消費税ではなく最低賃金だ」とのべ、安倍政権の消費税10%増税や大軍拡を批判。「ここ中津市から暮らし、福祉を守る3議席を必ず押し上げ、その勢いで参院選でも勝利して与野党逆転を果たし、安倍政治終わりの年にしよう」と力を込めました。

 

 3候補は教室へのエアコン設置、子ども医療費無料化、就学援助拡大、災害復旧での農家負担軽減などの実績を示し「共産党の3議席だから実現できた」と強調。「国の悪政から市民を守る強固な防波堤を築くため頑張る」との決意に会場から大きな拍手が起きました。(しんぶん赤旗 2018年1月23日)

熊本民主商工会新春祝賀会 真島氏らあいさつ

  • 2019.01.19 Saturday
  • 23:59

 

 熊本市の熊本民主商工会(山本寛幸会長)は1月19日、同市で新春祝賀会を開きました。日本共産党の真島省三前衆院議員、参院熊本選挙区の阿部広美予定候補(弁護士)らが来賓あいさつしました。

 

 真島氏は多発する自然災害にふれ、消費税10%増税は復興道半ばの被災者の生活と生業(なりわい)の再建に打撃を与えるものだと指摘。消費税を、「きっぱり中止させるためにともに頑張ろう」と呼びかけました。

 

 阿部氏は、参院選に向け1000回のつじ立ちに取り組んでいることを紹介し、「一人ひとりの起こす風は小さくでも集まれは大きなうねりになる」として支援を訴えました。

 

 日本共産党の山本伸裕・熊本県議と、上野美恵子、那須円、山部洋史の3市議、益田牧子市議予定候補が紹介されました。(しんぶん赤旗 2019年1月25日)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM