野党共闘と党躍進を 宮崎各地で真島氏迎え集い

  • 2018.06.06 Wednesday
  • 23:59

 

 日本共産党の真島省三前衆院議員は6月6日、宮崎県の延岡市、日向市、高鍋町で開かれた集いに参加し市民と野党の共闘と共産党の躍進で安倍政権を終わらせようと訴えました。

 

 高鍋町の集いで真島氏は「今の国会を見ていると(野党共闘追求で)『本当にみかえりは民主主義』だった」と語り、野党結束での安倍政権への追及や、野党共同の法案提出などを紹介。「最後は選挙で決着をつけよう。野党共闘も共産党も伸ばす選挙にするために共産党そのものを好きになっていただきたい」と述べました。

 

 中村末子町議は、高鍋町がキヤノン工場誘致で法外な金額の持ち出しをしていることを批判。一方、子ども医療費助成制度の拡充に喜びの声が寄せられていることなどを紹介しました。

 

 参加者から「なかなか介護の認定が受けられず、姉が大変な思いをしている」「本当に消費税が10%になるのか」との発言がありました。

 

 参加した男性(60)は「共産党のことが少し分かりました。森友・加計問題など早く解決してほしい」と語りました。(しんぶん赤旗 2018年6月10日)

党躍進の波つくろう 鹿児島県委が県党会議

  • 2018.06.03 Sunday
  • 23:59

 

 日本共産党鹿児島県委員会は6月3日に第2回県党会議を開き、参院選、統一地方選の勝利と野党と市民の共闘の前進をめざす総合計画を採択しました。

 

 真島省三前衆院議員があいさつ。「集いを推進軸に、野党共闘の勝利と党躍進の波をつくっていきましょう」と呼びかけました。

 

 市民と野党の共闘を推進する、「参院選での市民・野党共闘をめざすALLかごしまの会」「憲法壊すな・戦争法廃止!かごしまの会」「鹿児島県革新懇」の代表が出席し、あいさつしました。立憲民主党の川内博史衆院議員、新社会党県本部から連帯のメッセージが寄せられました。

 

会議で選ばれた新3役は次の通りです。(敬称略)
委員長=野元徳英(69)▽副委員長=まつぎき真琴(60)▽書記長=桂田成基(69)

熊本県商連総会 真島氏らあいさつ

  • 2018.06.03 Sunday
  • 23:58

 

 熊本県商工団体連合会は6月3日、熊本市で第45回定期総会を開きました。松尾正会長は「中小業者の切実な要求実現と、平和で安心して商売が続けられる社会をめざす先頭に立って奮闘しよう」とあいさつしました。

 

 日本共産党の真島省三前衆院議員と山本伸裕県議が連帯あいさつしました。真島氏は、野党の共闘のかつてない発展を紹介し、来年10月に狙われる消費税増税について、東日本大震災や熊本地震の被災者、中小事業者の生活・なりわいなど復興のはしごをはずす行為だと批判。「狎簑亠さない瓩寮爾魘めよう」と訴えました。

 

 山本県議は、政治を私物化する安倍政権に改憲、消費税増税を語る資格なしと強調しました。(しんぶん赤旗 2018年6月6日)

党前進へやりきろう 熊本党県委が真島氏招き活動者会議

  • 2018.06.03 Sunday
  • 23:58

 

 日本共産党熊本県委員会は6月3日、熊本県嘉島町で活動者会議を開きました。真島省三前衆院議員があいさつしました。参院選、統一地方選、中間選挙勝利に向け、山下芳生副委員長と仁比聡平参院議員を迎え開く7月1日の大演説会の成功を結節点に活動の前進・飛躍を起こそうと意志統一しました。

 

 真島氏は、国会での予算の組み替え動議の共同提出など野党の結束の強まりを紹介。参院選の比例850万票の獲得は暴走する自民、公明両党と補完勢力を過半数割れに追い込む意義ある目標だとして、「腹をくくって今の情勢が求める必要なことをやりきろう」と述べました。

 

 日高伸哉県委員長は、安倍政権の内政・外交での大破綻が浮き彫りになっているとして、「党を強く大きくするチャンスだ」と訴え、地域に打って出る活動など実践に踏み出して「前進・飛躍をかちとろう」と呼びかけました。

 

 経験交流では10人が発言。党天草地区委員会が5月に3人の党員を迎えた経験や共産党の熊本地震支援での活動に感動し、「自分も役にたちたいと入党した」などの報告がありました。(しんぶん赤旗 2018年6月5日)

真島氏「新しい政治を」 党遠賀後援会が集い 福岡

  • 2018.06.02 Saturday
  • 23:58

 

 日本共産党の真島省三前衆院議員は6月2日、福岡県遠賀町の日本共産党遠賀後援会の「つどい」で訴えました。25人が参加しました。

 

 真島氏は国会での野党の結束ぶりを紹介。9条改憲阻止など市民と野党の共闘のたたかいの焦点をのべ、「安倍政権を打倒し、参院選、統一地方選で勝利し、国民のための新しい政治をつくろう」と呼びかけました。田代順二町議が町政報告をしました。

 

 参加者からは遠賀病院へのコミュニティーバスについて、芦屋基地周辺のNHK受信料補助地域の拡大など市政についての意見が出ました。

 

 参加した男性(79)は「綱領の立場からの話を聞いて感激しました」と語り、初参加の女性は「とても分かりやすく良かった」と語りました。(しんぶん赤旗 2018年6月6日)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM