石木ダム問題 不当判決跳ね返そう たたかい続ける決意 長崎

  • 2018.07.10 Tuesday
  • 23:59

 

 長崎県と佐世保市が川棚町に計画している石木ダムの建設に反対する地権者らが国に事業認定の取り消しを求めた行政訴訟で長崎地裁が原告の請求を全面的に棄却する不当判決(9日)を出したことに対し、「ダム建設をやめさせるまで頑張ろう」と地権者や支援者らは決意を新たにしてたたかいをすすめています。

 

 反対地権者や支援者らは7月10日、佐世保市役所を訪れ、谷本薫治・水道局長に対し、「居住者らの人権を守るためにこれまで以上にたたかい続ける」と決意を表明し、その上で意見交換の場をつくること求めました。

 

 9日の判決後に開かれた報告集会でも次々とたたかいの決意がだされ、反対地権者の男性(71)が「今後も『ダムは必要ない』とみなさんと一緒に抗議を続けていきたい」と支援を呼びかけました。

 

 石木ダム対策弁護団の高橋謙一弁護士は、「裁判所は市の過大な水需要予測などをそのまま認めている。事実をねじ曲げた判決で、事実をねじ曲げざるをえないくらいこの事業はおかしいことを示している」と指摘。治水問題について緒方剛弁護士は「本当にダムの必要性があるのか検討はろくにされていない。国が言うのだからそれでいいという手抜きの判決としか思えない」と批判しました。

 

 馬奈木昭雄弁護団長は「われわれの運動は出発点から比べたらずいぶん前進した。たたかいを大きくしていこう」と訴えました。報告集会には真島省三前衆院議員も参加しました。(しんぶん赤旗 2018年7月13日)

 

石木ダム 住民側請求を棄却 長崎地裁が不当判決

  • 2018.07.09 Monday
  • 23:58

 長崎県と佐世保市が総事業費285億円で川棚町川原(こうばる)地区に建設を計画する石木ダムをめぐり、同地区の地権者ら110人(提訴時)が国に事業認定の取り消しを求めた行政訴訟で7月9日、長崎地裁(武田瑞佳裁判長)は原告の請求を全面的に棄却する不当判決を出しました。

 

 判決を受け、地権者側の「石木ダム対策弁護団」(馬奈木昭雄団長)とダム建設に反対する5団体は、事業の不合理性を看過した不当判決であり「強く非難されるべき」との抗議声明を発表し、控訴する方針を示しました。声明は県の担当課長にも提出しました。

 

 同訴訟で地権者側は、佐世保市の水需要予測や県が算出した基本高水流量(100〜200年に1度の洪水発生時の流量)が過大であると指摘。事業の目的とされる治水・利水の両面でダム建設の必要性がないことを明らかにしてきました。

 

 同地区で暮らす13世帯が加盟する「石木ダム建設絶対反対同盟」の岩下すみ子さん(69)は「これから先も私たちは住み続けるし、子どもたちに美しい川原を残したい。覇気を取り戻して頑張るしかない」と決意を新たにしました。日本共産党の真島省三前衆院議員が原告らを激励しました。(しんぶん赤旗 2018年7月10日)

支援法を広域指定で 真島氏ら災害現場を調査

  • 2018.07.07 Saturday
  • 23:59

 

 日本共産党の真島省三前衆院議員は7月7日、福岡県桂川町と嘉麻(かま)市の災害現場を吉川紀代子町議、新井高雄市議とともに訪れました。

 

 桂川町吉隈地区の土砂崩れが住宅を襲った災害現場。家に土砂が迫るNさん(74)は、「山の一番上から幅50メートルにわたって崩れていて、次来れば3軒が巻き込まれる。今のままでは崖に応急のシートも張れず、対策を早くしてもらいたい」と訴えました。

 

 

 ため池の幅4メートルの堤防が1メートルの厚みを残して崩れ落ち、避難指示が出ている同町土師西田地区を調査。嘉麻市では、産業廃棄物処分場からあふれた水が流れ込んだ住宅地を見てまわりました。

 

 

 真島氏は、「各所に大きな被害が出ており、直ちに応急の対策をしなければ。住宅の被害に支援金を出す被災者生活再建支援法の適用も必要と感じた。西日本の広い範囲で被害が出ており広域での指定を訴えたい」と語りました。(しんぶん赤旗 2018年7月10日)

 

野党共闘前進へともに 真島氏ら入党訴え 鹿児島・大隅地区

  • 2018.07.06 Friday
  • 23:50

 

 鹿児島県の日本共産党大隅地区委員会は7月6日、真島省三前衆院議員を迎えて、鹿屋市、東串良町、垂水市で訪問活動や集いを行いました。

 

 鹿屋市では、柴立豊子市議とともに支持者宅を訪問して、1人が「赤旗」日曜版読者となりました。

 

 東串良町、垂水市で開かれた集いでは「今、国会は野党が結束して安倍政権を追い詰めている面白い状況です。野党共闘を前進させるためにも党を強く大きくさせてほしい」と入党を訴えました。

 

 参加者からは「自分の子どもを戦争には行かせたくないので共産党を応援している」「この自治体では参院選で共産党を大きくするために何票必要なのか」などの質問も出されました。垂水市では入党を呼びかけると、「夫にも相談したい」と2枚の申込書を持ち帰る人もいました。支部は後日、参加者を訪問して入党を呼びかけました。(しんぶん赤旗 2018年7月11日)

福岡・添田町議選告示 永沼候補の必勝を 真島前衆院議員、かわの参院予定候補が応援

  • 2018.07.03 Tuesday
  • 23:58

 

 福岡県添田(そえだ)町議選(定数13、立候補14人)が7月3日告示(8日投票)され、日本共産党の永沼かよ子候補(65)=新=が空白克服を目指し第一声を上げました。


 永沼候補は、国保税、保育料などの引き下げを公約。JR日田彦山線の鉄道での復旧を訴えています。

 

 かわの祥子参院福岡選挙区予定候補、真島省三前衆院議員が応援に駆け付けました。(しんぶん赤旗 2018年7月4日)

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM