コロナは大規模災害 全国災対連 都内で総会 「命・生業守る対策を」

  • 2020.03.25 Wednesday
  • 23:55

 災害被災者支援と災害対策改善を求める全国連絡会(全国災対連)は3月25日、総会を東京都内で開き、2020年度の活動方針を決めました。

 

 小田川義和代表世話人(全労連議長)が開会あいさつし、「新型コロナウイルス感染拡大は、世界的規模の大規模災害といえる」と指摘。安倍政権のコロナ対策について、クルーズ船対応の遅れや専門家の意見を聞かない全国一律休校などをあげ、「国民の命と健康、労働と生業(なりわい)を守る立場で対策を強く求めていく」と述べました。

 

 黒澤幸一事務局長(全労連事務局次長)が議案を提案。「災害後の被災者支援・復旧・復興」と「防災・減災が図られる災害に強いまちづくり」という二大テーマを掲げて活動を強め、諸団体との連携・共同を訴えました。被災者生活再建支援法の抜本改正を求める署名運動の飛躍をよびかけました。

 

 討論では、平成の大合併などにより自治体職員や国の出先機関職員が不足しており、「この充実なくして災害対策はありえない」との発言が続きました。

 

 東日本大震災の被災3県の代表は、仮設住宅暮らしや孤独死、災害関連死が依然として続いていると語り、5月27日の国会行動を成功させたいと語りました。

 

 日本共産党の田村貴昭衆院議員、岩渕友、武田良介両参院議員があいさつしました。(しんぶん赤旗 2020年3月26日)

家族経営農家を守れ 田村貴昭氏、重要性を強調

  • 2020.03.24 Tuesday
  • 23:59

 

 日本共産党の田村貴昭議員は3月24日の衆院農林水産委員会で、中小・家族経営の農家を守り国内農業生産の増大を基本とした「食料・農業・農村基本計画(基本計画)」の重要性を強調し、安倍政権の競争強化一本の農政を強く批判しました。(質問動画はこちら)

 

 田村氏は、安倍政権のもとで種子法廃止や漁業法改定など、基本計画にはない政策が「農林水産業・活力創造プラン」に盛り込まれることでいきなり持ち出され、強行されてきたことを指摘。官邸主導の「プラン」と、法律に基づく基本計画はどちらが上位計画なのかとただしました。

 

 江藤拓農水相は「基本計画は極めて重いものだと思っている」と答弁しました。

 

 田村氏は、「重大な政策が農水の現場と離れたところで決まる仕組みは改めるべきだ」と批判しました。(しんぶん赤旗 2020年3月31日)

新型コロナ 学校給食停止の対策強めよ 田村貴昭衆院議員「補償請求に配慮を」

  • 2020.03.24 Tuesday
  • 23:59

 

 日本共産党の田村貴昭衆院議員は3月24日の衆院農林水産委員会で、「全国一律休校」に伴って学校給食が多くの地域で停止し、農家が学校以外に農産物の販路を求めざるを得ない状態になったことへの対策強化を求めました。(質問動画はこちら

 

 田村氏は、市町村が業者に補填(ほてん)金を全額支払い、年度内に国に請求することになっていることについて「農家によると、米などは学校以外で売ろうとしても売れないことが多いため、逸失利益が確定できず市に補填金を請求できないこともある。年度内の請求でなければだめなのか」とただしました。

 

 文科省の矢野和彦審議官は「基本的には年度内だが学校設置者や関係事業者の状況を十分配慮したいと考えている」と答弁しました。(しんぶん赤旗 2020年3月30日)

福岡豊前市議選  村上氏が第一声/地域の声届ける議席 田村氏が訴え 

  • 2020.03.22 Sunday
  • 23:59

 

 福岡県豊前(ぶぜん)市議選が告示(29日投票)された3月22日、日本共産党の田村貴昭衆院議員は、村上かつじ候補(68)=新=の第一声に駆け付けました。

 

 田村氏は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響が広がるなか、学校休校や売り上げ、給与の減少などに苦しむ地域の声を政治に届ける日本共産党の議席がどうしても必要だと強調。首都圏一極集中に何ら手を打たず消費税増税で地域を疲弊させる安倍政権の政治を変えようと訴え、「住民の側に立つ党議席を今度こそ勝ち取ろう」と呼びかけました。

 

 村上候補は、「ギャンブル場建設を許すのか、きっぱり拒否するのかが問われる選挙だ」と切り出し、場外舟券売り場計画の反対署名を広げるとともに、市議会の反対決議や市長に同意しないよう迫ることで建設を中止に追い込むと決意表明。高校生までの子ども医療費無料化など若者の定住策を推進し、自然豊かな市の農林漁業を振興してこそ地域が活性化すると訴えました。(しんぶん赤旗 2020年3月24日)

福岡・豊前市議選告示 村上氏が第一声 田村衆院議員応援 

  • 2020.03.22 Sunday
  • 23:59

 

 福岡県豊前(ぶぜん)市議選(定数13、立候補16人)が3月22日告示(29日投票)され、日本共産党の村上かつじ氏(68)=新=が党議席空白克服をめざし第一声を上げました。

 

 村上候補は、▽場外舟券売り場建設計画反対▽高校卒業までの子ども医療費無料化▽国保税や水道料金引き下げ▽防災対策拡充―などを公約しています。田村貴昭衆院議員が激励に駆け付けました。(しんぶん赤旗 2020年3月23日)

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

九州沖縄ブロック事務所へのHP

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM